社会貢献・社会連携について

社会貢献・社会連携

学長コメント

 本学園は、令和3年に「持続可能な開発のための目標(SDGs)」の達成に向け、大学を挙げて協力することを宣言し、現在、全教職員と学生とともにその努力を重ねているところです。
 その中で、本学の特色ある教育を地域に発信し、持続可能な社会を創造する取り組みを充実させるため、新たにホームページ上に、地域貢献に資する本学教職員の取り組みの実績を公表いたしました。本学の人的資源を、地域の皆様に有効に活用していただきたく公表いたしましたが、これらの取り組み以外にもご要望等があれば、ぜひ地域交流センターにご相談下さい。

 本学では「本学の特色ある教育を地域社会に発信し、持続可能な社会を創造する」という方針の下、社会貢献・社会連携を進めて行きます。社会貢献・社会連携の方針は以下の通りです。

1.公開講座の開催

「建学の精神」を踏まえ、本学教員の教育・研究の成果を広く社会へと提供し、生涯学習の機会を促進する。

2.地方自治体・地域社会との連携

包括連携協定を締結している近隣の市(国立市・立川市)を中心に多様な交流事業の推進、生涯スポーツ振興等、社会貢献・社会連携を強化していく。

3.教職員・学生の社会活動

地域社会でのボランティア活動の促進、ジュニア・ユースクラブによる地域の子供達へのスポーツ振興などによって社会貢献・社会連携を強化していく。

活動報告