入学者受け入れの方針

アドミッションポリシー

大学 体育学部体育学科

東京女子体育大学は、建学の精神である「心身ともに健全で、質素で誠実、礼儀正しい女子体育指導者の育成」を体現し、その姿勢をもって正しく社会の要請に応え、教育の情熱ならびにより高度な専門知識と技能を有する実践的な指導者の育成を目指しています。

受け入れる学生には、以下のいずれかの能力を求めます。

  1. 入学後の修学に必要な基礎学力としての知識や実技能力を有している。
    -高等学校での履修内容を理解し高等学校卒業相当の知識を有している。
    -体育・スポーツに関して、修学に必要な実技能力を有している。
  2. 物事を多面的かつ多角的に観察し、論理的に考察することができる。
  3. 自分の考えをまとめて的確に表現することができる。
  4. 体育・スポーツに関わる諸問題に深い関心を持ち、社会に積極的に貢献する意欲がある。
  5. 積極的に多様な人々とのコミュニケーションを図り相互理解に努めようとする態度を有している。

上記の能力は以下の試験で測ります。また求める人物像に応じて、各種試験ごとに出願書類、面接、学科試験等を用いて評価します。

〇総合型選抜

建学の精神を理解し、本学の教育内容に高い関心とコミュニケーション能力を有し、入学後も意欲的に体育・スポーツ分野に研鑽を重ね、将来社会で活躍が期待できる者を求めます。

〇学校推薦型選抜

(公募推薦)
本学の教育内容に高い関心を持ち、高校時代の成績が優秀で、体育・スポーツ分野に明確な目的意識をもっている者を求めます。
(スポーツ推薦)
本学の教育内容に高い関心を持ち、優れた競技力を有し進学後もその技能に磨きをかけ体育・スポーツの分野で活躍できる資質を有している者を求めます。
(指定校推薦)
本学が指定する高等学校における高等学校長が推薦する生徒で、本学の教育内容に高い関心を持ち、体育・スポーツ分野に明確な目的意識を持っている者を求めます。

〇一般選抜

本学の教育内容に高い関心を持ち、学業に優れ、体育・スポーツに関する能力を有する者を求めます。

〇共通テスト利用選抜

本学の教育内容に高い関心を持ち、学業に優れ、体育・スポーツに関する能力を有する者を求めます。

短期大学 保健体育学科

保健体育学科は、建学の精神である「心身ともに健全で、質素で誠実、礼儀正しい女子体育指導者の育成」を体現し、その姿勢をもって正しく社会の要請に応え、教育への情熱ならびに高度な専門知識と技能を有する実践的な指導者の育成を目指しています。

受け入れる学生には、以下のいずれかの能力を求めます。

  1. 入学後の修学に必要な基礎学力としての知識や実技能力を有している。
    -高等学校での履修内容を理解し高等学校卒業相当の知識を有している。
    -保健体育に関して、修学に必要な実技能力を有している。
  2. 物事を多面的かつ多角的に観察し、論理的に考察することができる。
  3. 自分の考えをまとめて的確に表現することができる。
  4. 保健体育およびスポーツに関わる諸問題に深い関心を持ち、社会に積極的に貢献する意欲がある。
  5. 積極的に多様な人々とのコミュニケーションを図り相互理解に努めようとする態度を有している。

上記の能力は以下の試験で測ります。また求める人物像に応じて、各種試験ごとに出願書類、面接、学科試験等を用いて評価します。

〇総合型選抜

建学の精神に基づき、本学の教育内容に高い関心とコミュニケーション能力を有し、入学後も意欲的に保健体育・スポーツ分野に研鑽を重ね、将来社会で活躍が期待できる者を求めます。

〇学校推薦型選抜

(公募推薦)
本学の教育内容に高い関心を持ち、高校時代の成績が優秀で、体育・スポーツ分野に明確な目的意識をもっている者を求めます。
(スポーツ推薦)
本学の教育内容に高い関心を持ち、優れた競技力を有し進学後もその技能に磨きをかけ体育・スポーツの分野で活躍できる資質を有している者を求めます。
(指定校推薦)
本学が指定する高等学校における高等学校長が推薦する生徒で、本学の教育内容に高い関心を持ち、体育・スポーツ分野に明確な目的意識を持っている者を求めます。

〇一般選抜

本学の教育内容に高い関心を持ち、学業に優れ、体育・スポーツに関する能力を有する者を求めます。

短期大学 児童教育学科

児童教育学科は、建学の精神である「心身ともに健全で、質素で誠実、礼儀正しい女子体育指導者の育成」を体現し、その姿勢をもって正しく社会の要請に応え、児童教育・保育への情熱ならびに高度な専門知識と技能を有する実践的な指導者の育成を目指しています。

受け入れる学生には、以下のいずれかの能力を求めます。

  1. 入学後の修学に必要な基礎学力としての知識や実技能力を有している。
    -高等学校での履修内容を理解し高等学校卒業相当の知識を有している。
    -音楽、図画工作、体育に関して、修学に必要な実技能力を有している。
  2. 物事を多面的かつ多角的に観察し、論理的に考察することができる。
  3. 自分の考えをまとめて的確に表現することができる。
  4. “スポーツを愛し、子どもを愛せる人”で、保育・幼児教育および児童教育に関わる諸問題に深い関心を持ち、社会に積極的に貢献する意欲がある。
  5. 積極的に多様な人々とのコミュニケーションを図り相互理解に努めようとする態度を有している。

上記の能力は以下の試験で測ります。また求める人物像に応じて、各種試験ごとに出願書類、面接、学科試験等を用いて評価します。

〇総合型選抜

建学の精神に基づき、本学の教育内容に高い関心とコミュニケーション能力を有し、入学後も意欲的に身体教育を中心とした保育・幼児教育および児童教育の分野に研鑽を重ね、将来社会で活躍が期待できる者を求めます。

〇学校推薦型選抜

(公募推薦)
本学の教育内容に高い関心を持ち、高校時代の成績が優秀で、身体教育を中心とした保育・幼児教育および児童教育の分野に明確な目的意識をもっている者を求めます。
(スポーツ推薦)
本学の教育内容に高い関心を持ち、優れた競技力を有し進学後もその技能に磨きをかけスポーツの分野で活躍できる資質を有しており、将来、保育・幼児教育および児童教育の分野で活躍が期待できる者を求めます。
(指定校推薦)
本学が指定する高等学校における高等学校長が推薦する生徒で、本学の教育内容に高い関心を持ち、身体教育を中心とした、保育・幼児教育および児童教育の分野に明確な目的意識を持っている者を求めます。

〇一般選抜

本学の保育・幼児教育および児童教育に高い関心を持ち、学業に優れた者を求めます。

基本方針

東京女子体育大学・東京女子体育短期大学は、志願者の「学力の3要素」をアドミッションポリシーに基づき、より多面的・総合的に評価する試験を実施します。詳細は、各入試区分の試験内容をご覧ください。
※なお、3要素の「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」は得点化せず、評価に適宜反映します。