【密着取材!】東女体大生の1日

大学では新しいチャレンジがしたい!クライミングや登山など、初めての経験を楽しんでいます。

長田満衣さん東京女子体育大学(4年制) 体育学部体育学科【1年生】
東京都出身。実家で両親と3歳年上の姉と暮らす。小学校ではバスケットボール部、中・高ではバレーボール部に所属。また父と姉もバレーボールを、母はテニスを楽しむスポーツ一家に育つ。将来の夢はスポーツ指導者になること。

長田さんのある1日に密着しました!

5:50

起床

時間がない日は、カンタンに食べられるパンが便利でよく食べています。

朝は母も一緒に起きて、朝食の準備をしてくれます。家を出るのは6時40分くらい。1時間半かけて通学しています。中央線を利用していますが、あまりの混雑ぶりに入学当初は乗るのもたいへんで。今はだいぶ慣れました!

8:20

登校

9:00 - 10:30

授業:1限目(武道)

クラスには剣道未経験者が多いので、基礎からじっくり学んでいます。

剣道は大学に入学して初めて習いました。最初は座り方も解らなかったのですが、礼法や剣道の精神、道具の名前や歴史などの基本から学んでいます。指導者を目指すには、いろいろな競技の知識が必要だと実感しています。

10:40 - 12:10

授業:2限目(ダンス)

ダンスを創作する中で、普段の身体の動きも気にするようになりました。

ダンスは高校でも学びましたが、大学の授業はもっと本格的です。今取り組んでいるのは「小鳥と青空」。作品全体の振り付けを創作しています。ポーズの時の身体のラインや動きなど、美しく表現することが求められます。

12:10 - 13:05

お昼休み:昼食

準備もカンタンで手軽なスープジャーは、ランチの強い味方です!

ランチはいつも、仲良し4人グループで食べています。学食は混んでいるので、次の授業の教室で食べることが多いです。私の定番は、母か姉が用意してくれたおにぎりとスープ。毎日とても助かっています。

13:05 - 14:35

授業:3限目(外国語コミュニケーション)

社会に出ると英語は必要だと姉からのアドバイスもあり、がんばっています。

英語の授業は最初にクラス分けテストがあり、レベル毎に分かれています。英語は少し苦手なので私は基礎クラスですが、最初からしっかり学び直せるため、今までつまづいていた部分が克服でき逆に良かったです。

14:45 - 19:30

授業:4限目(救急法及び看護法)

万が一の事故との遭遇時には、周囲の人を助けられる人になりたいです。

事故の対処法や蘇生法などを学びます。蘇生法は高校でも学びましたがその時は模型だったので、本当に救えるのか実感が湧きませんでした。大学では訓練用の人形を使った実習もあるので、しっかり身につけたいです。

16:30 - 18:30

クラブ活動(ワンダーフォーゲル)

先輩みたいにかっこ良く、クライミングできるようになりたいです。

日帰りや1泊、最長は1週間もの登山に挑戦しました。どれも貴重な体験です。

月曜日と水曜日は図書館横にあるクライミングウォールで、水曜日は学外のジムでもう少し難易度の高いウォールで練習しています。普段は楽しみながらクライミングをしていますが、月に1度本格的な登山も行っています。

19:00

下校

クラブ活動の後はまっすぐ家へ。大体20時くらいには帰っています。クラブ活動のない日も寄り道はあまりせず、夕方には帰宅し家事の手伝いをしています。大学にも慣れてきたので、クラブ活動が休みの日はアルバイトをしようかと考え中です。

20:00

帰宅

その日のうちに復習することで、苦手な英語も力がついてきました。

帰宅後はすぐに晩ごはんです。食事が終わりリビングでくつろぐ家族と、話しながら食べています。お風呂の後は授業の復習です。授業中は先生の話したことを漏らさずノートに書いているため、整理しながら清書します。

24:00

就寝

23:30には復習を終わらせ、寝る前に必ずやっているのが翌日の準備です。実技が多いため、ジャージや水着などの用意にそこそこ時間がかかります。寝る前に準備しておくことで、忙しい朝に、慌てることが減りました。

この1日のスケジュール/ある1週間のスケジュール(体育学部体育学科 1年 後期)

長田さんにインタビューしました!

入学してみて、学園生活はどうですか?

高校時代は自転車通学だったため、入学当初は朝のラッシュ時の電車通学が本当にたいへんでした。体力的にもキツくて、大学近くでの一人暮らしも検討したほどです。でも徐々に身体も慣れてきて、最近ではアルバイトを考える余裕もでてきました。クラブ活動で登山する際、道具や旅費などお金がかかるので、その分は自分でなんとかしたいと思っています。充実した学園生活を送るために、クラブ活動はオススメです。経験値もきっと高くなると思います!

将来の夢について教えてもらえる?

「好きなスポーツに楽しみながら取り組む人を、サポートしたい。」そんな気持ちから、指導者の夢を持つようになりました。中学でバレーボールをやっていた時ケガが多く、故障を治す医者も良いなと思ったのですが、楽しむことをサポートするほうが自分には向いているかなと。東女体大では教員免許に加え、ジュニアスポーツ指導員・スポーツプログラマーの資格を目指せるので、将来さまざまな選択肢が持てると思い入学しました。

ワンダーフォーゲルのクラブ活動は大変?

活動はかなり本格的です。これまで一番大変だったのは、テントで寝泊まりしながら1週間挑戦した、北アルプスの縦走です。縦走とはいくつかの山頂を続けて目指す登山です。登山の際はタイムスケジュールを作り、ルートを決めそれに則り行動するのですが、自然が相手だと計画通りにはいきません。臨機応変さ、判断力などが求められます。なかなかハードですが授業だけでは得られない、さまざまな経験ができるのでこれからも続けたいです。

長田さんから
受験生への
アドバイス!

大学の勉強は、高校までと全然違います。時間割も人それぞれ、学びたい授業を自分の意思で決めます。高校のように管理してくれる担任の先生はいないので、なにごとも自主的に取り組まなければなりません。目標を持つのは大事だと思います。私は指導者の夢があるので、それに向かってがんばっています。東女体大の魅力は、敷地も広く施設が充実している点です。実習も多く、体験しながら技術や知識が修得できるので、その点が気に入っています。

  • 小沼奈央子さん 体育学部体育学科【4年生】卒業研究に取り組みながら、体育教員の夢に向かって奮闘する毎日です。
  • 恒益里那さん 体育学部体育学科【3年生】目標は、インカレ日本一!ソフトテニスに全力投球し、悔いのない4年間にしたい。
  • 長田満衣さん 体育学部体育学科【1年生】大学では新しいチャレンジがしたい!クライミングや登山など、初めての経験を楽しんでいます。
  • 室井奈月さん 保健体育学科【2年生】体育学部体育学科への編入も一段落、今は、授業とアルバイトで忙しい日々を送っています。
  • 下田望空さん 保健体育学科【1年生】小学校時代から続けている剣道が大好きです。クラブ活動と授業を両立させるため、毎日頑張っています。
  • 蓋盛雅子さん 児童教育学科【2年生】児童教育学科の集大成『創作オペレッタ』。代表としての責任を持って、取り組んでいます。
  • 小林美愛さん 児童教育学科【1年生】夢は、幼稚園の先生になること。日々忙しいですが、充実感と達成感があります。