【密着取材!】東女体大生の1日

体育学部体育学科への編入も一段落、今は、授業とアルバイトで忙しい日々を送っています。

室井奈月さん東京女子体育短期大学(2年制) 保健体育学科【2年生】
神奈川県出身。実家から通学している。自宅最寄り駅のパン屋で、週2日のアルバイトも。教職課程を履修し、中学校教諭第二種免許を取得予定。このたび、体育学部体育学科への編入試験に合格。次は一種免許取得を目指す。

室井さんのある1日に密着しました!

6:30

起床

雨の日は自転車に乗れないので、バスを利用。遅延を避けるため、早めに出ます。

1限目に授業がある時は、6:30くらいに起き、身支度をして朝食を取って家を出ます。家から駅までは、自転車で20分程度。7:50前後の電車に乗ります。編入の内部推薦を受けるためには、遅刻や欠席は厳禁です。

8:30

登校

大学の最寄り駅で、友達とばったり。おしゃべりに花が咲きます。

9:00 - 10:30

授業:1限目(バスケットボール)

バスケットボールは大きくて扱いにくいですが、なんとか頑張っています!

これは選択授業。中学校の体育教師を目指しているため、子どもたちになんでも教えられるようにとバレーボールやソフトボール、サッカーやハンドボールなど、2年間で様々なスポーツにトライしてきました。

10:40 - 12:10

授業:2限目(陸上競技II)

高校まで陸上部に所属していたので、得意かつ好きな授業です。陸上競技Ⅰでは走る機会が多く、陸上競技Ⅱでは投擲などにも挑戦。この日は雨のため、生涯を通して陸上競技に取り組むシニアのドキュメンタリー映像を見ました。

12:10 - 13:05

お昼休み:昼食

たまに学食も利用します。好きなメニューは、わかめうどんです。

仲のいい友達とごはんを食べます。3限目の授業がある教室の近くで食べることが多いです。時々は母が作ってくれたお弁当を持って行きますが、自分で用意する時はおにぎりを作ったり、学食で買ったりします。

13:05 - 14:35

授業:3限目(生徒指導論)

教職課程の必修授業です。学校でいじめや非行、問題行動は必ず起こるので「なぜ起こるのか」とその傾向を追求し、起こってしまった時には「むやみに怒るのではなく、ちゃんと話を聞いてあげる」などの対処法を学びます。

14:45 - 15:50

自習:図書館

授業は2年間、無遅刻無欠席! 努力の末、内部推薦をいただくことができました。

編入への内部推薦をもらうためには、出席日数だけでなく、評定平均が基準に足りていることが必要です。そのためテストや課題で良い成績を残せるように、授業の空き時間などを使い、図書館で勉強を行っていました。

16:00

下校

17:00 - 23:00

アルバイト:パン屋

駅の中にあるパン屋なので、遅い時間までオープンしているのです。

パンを焼いたり、接客をしたりしています。優しい店長とスタッフのみなさんに囲まれているため、アルバイトは楽しいです。 22:00の閉店後、片付けを済ませて23:30頃に店を出ます。

24:00

帰宅・就寝

夕飯はアルバイトの休憩時間に済ませているため、家に着いたらお風呂に入り、天気予報をチェックして寝ます。「明日はどの靴を履こう?」「雨だと自転車が使えないから、明日はバスだな」など、天気はいつも気になりますね。

この1日のスケジュール/ある1週間のスケジュール(保健体育学科 2年 後期)

室井さんにインタビューしました!

短期大学の2年間、学園生活はどうですか?

少人数のため先生との距離も近く、丁寧に教わることができるため入学してよかったと思っています。周りの友達も真面目な子が多く、特に編入試験を目指す友達と励まし合いながら勉強できたことが大きかったですね。私は話し出すと止まらなくなるタイプなのですが、仲のいい友達は聞き上手で、自分にない良さを持っているので一緒にいて楽しいです。編入試験が終わったので、今は学校外でも友達といろいろなところに遊びに行っています。

どうして、体育学部体育学科に編入したの?

体育教師になりたいという夢があったからです。短大でも中学校教諭第二種免許は取得できますが、一種の免許がほしいと思い編入を目指しました。体育教師になりたいと思ったきっかけは、小・中学生の頃、とても素敵な先生との出会いがあったから。今の夢は教師になって、いじめや自殺の撲滅に力を入れることです。子どもたちに体を動かす楽しさを伝え、モヤモヤした気持ちをスポーツで発散するという方向に導いてあげたいと思っています。

アルバイトと授業の両立はどうですか?

編入試験の1ヶ月前からはアルバイトの回数を減らしていましたが、それまでは週に2日ほど働いていました。試験が終わってから、またたくさんシフトを入れて一生懸命働いています。色々な方と接するので社会勉強になると同時に、自分に必要なことは自分で稼いだお金でできるようにしたいという思いもあり、継続しています。アルバイトの経験は社会に出たときに役立つので、授業と同じように頑張っています。

室井さんから
受験生への
アドバイス!

入学時から編入を視野に入れてきましたが、2年生の時に教育実習に行き、自分に足りないものがたくさんあると気づいてから「大学で学びを深めたい」という気持ちがより強くなりました。体育大なので、高校までと違って運動ができる子が周りに多く、改めて自分は何をしたいのか立ち止まって考える人も多いかもしれません。編入を目指す人は、とにかく頑張ってください。同じ目標に向かって進む友達もいるため、ひとりではないはずです。

  • 小沼奈央子さん 体育学部体育学科【4年生】卒業研究に取り組みながら、体育教員の夢に向かって奮闘する毎日です。
  • 恒益里那さん 体育学部体育学科【3年生】目標は、インカレ日本一!ソフトテニスに全力投球し、悔いのない4年間にしたい。
  • 長田満衣さん 体育学部体育学科【1年生】大学では新しいチャレンジがしたい!クライミングや登山など、初めての経験を楽しんでいます。
  • 室井奈月さん 保健体育学科【2年生】体育学部体育学科への編入も一段落、今は、授業とアルバイトで忙しい日々を送っています。
  • 下田望空さん 保健体育学科【1年生】小学校時代から続けている剣道が大好きです。クラブ活動と授業を両立させるため、毎日頑張っています。
  • 蓋盛雅子さん 児童教育学科【2年生】児童教育学科の集大成『創作オペレッタ』。代表としての責任を持って、取り組んでいます。
  • 小林美愛さん 児童教育学科【1年生】夢は、幼稚園の先生になること。日々忙しいですが、充実感と達成感があります。