内定者インタビュー

教員

中学校教諭 内定
林 あゆみさん(体育学部体育学科)

一人ひとりに寄り添える先生になりたい。

小学校のころから先生になりたいと思い、体育の先生を目指して入学しました。
当初はどう勉強したらいいのか分からないことばかり。でも教職ラーニングステーションで勉強方法のアドバイスや、面接練習をしていただいたことで自信に繋がりました。また授業では、栄養や医療といった保健の授業に役立つ専門分野の知識も学ぶことができました。その知識を活かし、一人ひとりの個性に応じて目標を設定し、達成感を味わえるような指導のできる先生になりたいです。東女体大は疑問や不安を投げかけても真摯に受け止めてもらえる環境なので、教職を目指している人は安心して学べる大学だと思います。

小学校教諭 内定
安藤 詩歩さん(児童教育学科)

本気で目指す人が集まるから、自分も成長できる。

小学校の教員を目指したのは、中学校のときの先生から「合ってると思うよ」と言っていただいたことがきっかけです。東女体大へ入学を決めたのは、体育を楽しみながら、2年で教員免許を取れることに魅力を感じたから。授業では、競技を専門としてい る先生や友人に身体の動かし方など、教員として役立つポイントをたくさん教わりました。また、教員採用試験の勉強は大変でしたが、教職ラーニングステーションに通って先生方に教えていただきました。教職ラーニングステーションは、教員や警察官など将来の夢が明確な人たちが集まるので、お互いに教え合いながら自分も成長できます。だからこそ、本気で目指したい職業がある人におすすめです。

小学校教諭 内定
小泉 恵理さん(児童教育学科)

たくさんのサポートで、最後まで頑張れた。

小学校の先生を目指す上で特に苦手意識があった小論文。教職センターで何度も先生に添削してもらいました。初めは上手く説明できずに悔しい思いもしましたが、先生方から現場で実際に経験した話を聞くことで自分の考えや知識を広げられたので、面接や小論文でも役立ちました。そういった先生方の厚いサポートのおかげで、挫けずに最後まで頑張れたと思います。現場では子どもたちの気持ちを受け止めて、きちんと考えられる先生を目指します。

小学校教諭 内定
鈴木 茜さん(体育学部体育学科)

子どもに寄り添える先生を目指してレベルアップ。

高校生のときから教師を目指していて、東女体大に入学しました。私は集団の前で話すと緊張して、一人ひとりの顔を見ずに発表することが多かったです。しかし、授業の中で先生役としてみんなの前で模擬授業を繰り返すうちに、今では前に立っても顔を見ながら話せるようになりました。また、授業を行うための指導案を考える際、「もっとこうした方が生徒は楽しいかもしれない」と考えられるようになったことも、授業を通して実感できた自分の成長です。将来はここで学んだことを活かして、子どもに寄り添える先生になりたいです。

小学校教諭 内定
鈴木 菜央さん(体育学部体育学科※児童教育学科から編入)

本当にやりたいことを探しながら学べる。

幼稚園の先生になるためにこの学科に入学しましたが、教育実習を経験し小学校教員になりたいと思うように。大学に編入し、あと2年勉強することを決めました。大学の授業では指導要綱の作成を自分で行いますが、短大のときの模擬授業や実習の経験が役立ちました。東女体大では途中で希望の進路が変わっても、新しい道に向けて免許を取ったり知識を深めたりできるので、自分の進路にしっかり向き合えます。

中学校教諭 内定
石山 桂子さん(体育学部体育学科)

目指す姿は、子どもたちに信頼される先生。

教育実習でハードルができなかった生徒から「できるようになった!」と言ってもらえたときの喜びから、先生を目指す決意が固まりました。これは、東女体大で4年間培ってきたコーチングの技術が活かされたのかなと思います。また、就職試験の対策では面接や小論文を教職センターの先生方にサポートしていただき、実技試験は学生同士で教え合いながら支え合っていましたね。将来は、東女体大で学んだことを活かしながら、授業における確かな指導力と人間性を両立させ、子どもたちから信頼される先生になりたいと思います。

一般企業

日産自動車販売株式会社 内定
渡辺 優衣さん(保健体育学科)

夢は日本一。今後も自分の可能性を広げたい。

高校時代はダンス部で、尊敬する先輩が東女体大に進学されたことがきっかけで入学しました。授業は楽しくて、いつも笑っている思い出ばかり。遠泳を行う海浜実習でも先生と一緒にみんなで笑って泣いて、「青春」を満喫しました。また授業を通して、自分のために、自分で考え、自分で動いて課題をクリアしていく力も伸ばしていただきました。私は高校の部活動でもアルバイトでも常にトップを目指してきて、夢は何かで日本一になること。就職先にも大会や賞があるとのことで、挑戦するのがとても楽しみです。今後も与えていただいたチャンスを自分の可能性を広げる機会にしていきたいと思っています。

トヨタ自動車株式会社 内定
石野 江里佳さん(体育学部体育学科)

技術も人間的にも成長して、再び夢に向かう力に。

高校卒業後、2年間、実業団に所属していましたが、教師になりたいという思いが生まれ、東女体大に入学しました。実業団では勝つことがすべてのような環境だったため、当初は大学の部活動でのソフトボールに戸惑いを感じていました。しかし先生のアドバイスや心理学などの授業を通して、競技を楽しむこと、仲間とのチームワークの築き方などを学び、技術面以上に人間的に成長したように思います。今は支えてくださった方々のため、チームの優勝に貢献して恩返しすることが目標です。また日本代表や、憧れのオリンピックにも、競技を続けられる身体がある限り挑戦したいと思います。その後は教師として一生スポーツに関わっていきたいです。

株式会社東京ドームスポーツ 内定
手塚 陽菜子さん(体育学部体育学科)

自分を変えたいから、苦手なことも自主的に挑戦。

私は人前に立って行動することが苦手で今まで避けてきました。しかし大学の授業は、模擬授業など人前に立つ機会も多く、「ここは自分を変えるチャンスだ…挑戦しよう!」と思い、取り組んできました。そのおかげで、何事にもチャレンジする力が身に付いたと思います。また、一番成長を感じたのは3年生の夏に参加した海浜実習。水泳は苦手でしたが、自ら挑戦することで「何か変わるのではないか」と思ったのです。実習では2時間泳ぎ続け、精神的にも鍛えられたと思います。
この経験があったからこそ「海浜実習よりつらいものはない」と就職活動も乗り切ることができました。今後の職場では、ダンスのインストラクターなどやってみたいことに挑戦しながら、お客様を笑顔にできるスタッフを目指したいと思います。

丸紅セーフネット株式会社 内定
佐藤 愛里沙さん(体育学部体育学科)

キャプテンの経験から、人前で話す力が成長。

小学校から続けてきたバスケットボールを大学でも続けたいと考えていました。そんなとき、東女体大のバスケットボール部の先生が熱心に声をかけてくださり入学することに。人の前に立って話すことが苦手だった私ですが、部活動でキャプテンという立場を任されてからは、部員の前で話すことも増えて徐々に緊張も克服できました。この成長は、就職活動の面接でも活かされたと思います。就職先では、事務員として職場をサポートしながら、会社のバスケットボールチームで選手としても活動します。東女体大で学んだ身体のつくり方や栄養についての深い知識を選手として、また、この先の自分に活かしていきたいと思います。

株式会社ヴィクトリア 内定
細川 楓さん(体育学部体育学科)

模擬授業やゼミを通して、自分の弱点を乗り越えた。

もともと人見知りで自分から話すタイプではありませんでした。しかし、専攻していたコーチング学コースの授業では、学生が生徒役と教師役に分かれて模擬授業を行う機会が多く、教師役になったときは自分から話さないと授業が始まりません。みんなの前に立つときは緊張しましたが、“人見知りな自分を乗り越えないとダメだ”と思って。話し方も気を使わないといけないので、今後の接客に活かせる力が身に付いたと思います。また所属していたゼミナールでは、登山を中心とした野外活動を学んでいました。そこでもみんなの意見に便乗するのでなく、「この山に行こうよ」「こっちの山の方がいいんじゃない?」と積極的に提案したり、自分の意見を出せるようになったことも成長です。

TBCグループ株式会社 内定
吉野 佑里恵さん(保健体育学科)

「健康」と「美容」で一人でも多くの人に自信を。

大学では、小学生のときに始めたバスケットボールを続けながら、もともと興味のあった健康について学びたいと考えていました。そして、東女体大の卒業生だった母の話を聞いて、「なんだか充実した学生生活を送れそうだな」と思い入学することに。授業では、健康について学ぶうちに、身体の内側の「健康」と外側の「美容」は繋がっているなと実感しました。そして、健康的に美しくなることで、一人でも多くの人の自信に繋がれば…と思いエステティシャンを目指しました。就職活動では、キャリアセンターの方に面接の練習や履歴書の添削など丁寧にサポートしてもらいました。将来は、お客さま一人ひとりに寄り添えるエステティシャンになるために、正しい技術と知識を身に付けられるようにがんばります。

ゴディバジャパン株式会社 内定
熊坂 菜々子さん(体育学部体育学科)

お客さまの要望に応えられる販売員を目指す。

所属していたフィギュアスケート部では、大人数で演技を行うシンクロナイズドスケーティングを練習していました。人を持ち上げるなどの技は完成するまでに何度も失敗して、やっと少しできて…の繰り返しで「粘り強さ」が身に付いたと思います。就職活動は、最初はスポーツジムで探していましたが、自分が人前で指導する姿を想像すると「なんだか違うな」と感じていました。でも、大学時代にアルバイトをしていた飲食店では、お客さまに喜んでもらえると嬉しくて。そのとき、“ 接客や販売の方が向いているかも”と思って方向転換しました。スポーツ系に就職しないことに迷いもありましたが、「やりたい仕事をしたらいいよ」と両親も背中を押してくれました。将来は、どのお客さまのご要望にも応えられる販売員になりたいです。

羽田空港サービス株式会社 内定
桑原 日向代さん(体育学部体育学科)

好きなスポーツを通して成長できる場所です。

所属していたチアリーディング部では、副部長という立場を任されていました。部活で問題が起きたときにどのように解決するかを試行錯誤したり、チームの中で自分の意見を伝える力が成長しました。こういった経験が就職活動でも活かされたのかなと思います。また、面接を受けていく中で、東女体大で身に付いた礼儀や率先して動ける力を「さすが体育大生だね」と言ってもらえることが何度かあったので、嬉しかったですね。職場では、部活のチームプレーを活かして、周りと協力しながら仕事を進められる人になりたいです。東女体大は、好きなスポーツを通して自分が成長できる大学だと思います。

株式会社ビックカメラ
ビックカメラ高崎 BEE QUEEN 内定
古谷 祐花さん(体育学部体育学科※児童教育学科からの編入)

レベルの高い環境だから、目指す先も大きくなります。

幼稚園の先生になるため短大に入学しましたが、部活のソフトボールを続けたかったので、大学に編入しました。部活では、礼儀を1年目からしっかり教わることができるので、就職活動でとても役立ちました。東女体大にはオリンピック出場の経験があるなど、レベルの高い先生から上を目指すためのアドバイスをいろいろ聞くことができるので、自分自身の目標を高く設定できることが魅力。内定をいただいた実業団では、ソフトボールがオリンピック競技として復活した時に活躍できるよう、まずはチームで頑張りたいと思います。また、大学では中学と高校の教員免許を取ったので、実業団の選手活動が終わった後は指導者になるのもいいかなと考えています。いつかは教員にもなりたいし幼稚園の先生にもなりたい。東女体大はやりたいことがたくさん見つけられる場所です。

株式会社BEST HERBS
BEST STYLE FITNESS 内定
大滝 茉奈さん(保健体育学科)

授業での経験が仕事への自信に繋がります。

高校生のときからスポーツジムのトレーナーを目指して、東女体大に入学。就職活動はキャリア支援課の方にもサポートしてもらうことで、夢だったトレーナーになることができました。また、トレーナーを目指す私にとって「レクリエーション実習」という授業で学んだことは、人にスポーツを教えることへの自信を持つきっかけになったと思います。この授業での経験を仕事の中でも活かして、たくさんの人にスポーツの楽しさを伝えられるトレーナーになりたいです。

資生堂ジャパン株式会社 内定
佐藤 裕香さん(体育学部体育学科)

私らしい接客で、たくさんの人に笑顔を。

所属していた剣道部では、私はどちらかというとムードメーカータイプ。普段の練習中だけでなく部内が重い雰囲気になった時には率先してみんなに声をかけていました。そうすることで仲間の気持ちが前向きになっていくのがうれしく、私も自分に自信がもてるようになりました。将来は美容部員として、私らしい接客で多くのお客さまを笑顔にしたい。剣道部で培った自信を胸に、頑張ります。

幼稚園

あさか台幼稚園 内定
大久保 明日香さん(児童教育学科)

現場で活きる実践的な学びで、成長を実感。

中学校の職場体験で保育園に行かせてもらったことが印象的で、高校でも保育コース を選択しました。体育が好きで体育の先生を目指したこともありましたが、自分の声掛け一つで、子どもたちのやる気に繋がることに喜びを感じ、幼稚園の先生を目指すこと にしました。教育実習のとき、絵本を読んでいたら子どもたちが集中できないときがありました。“なぜだろう”と悩んでいると、声の抑揚だけではなく話し方を変えたり、動きを付けたりすると良いと先生に教えていただいて。実践してみると、子どもたちも集中して見てくれるようになりました。授業を通じて、こうした現場で活きる知識が増えたと実感しています。将来は、子どもたちが自然に、良い言葉をたくさん話せる人になって欲しいので、挨拶など積極的に声を掛けて良い言葉を伝えられる先生を目指しています。

東京ゆりかご幼稚園 内定
松井 美波さん(体育学部体育学科※編入学)

挑戦できる将来が広がる、 編入学の選択。

もともと保育士や幼稚園の先生だけでなく体育の先生にもなりたいと思っていました。東女体大は、短期大学から大学に編入することで体育の教員免許も取得できると知って入学を決意。編入後は実技の授業も増え、できない自分に「悔しい」と思うことも多かったです。でも、周囲の人に教えてもらったり、教えたりして課題をクリアするのが楽しかったですね。こうした助け合いができることは東女体大の魅力だと思います。職場では、子どもたちの挑戦したい気持ちを大事にできる幼稚園の先生になりたいです。
また、編入学で目標にしていた体育教員の免許や個人で取得した保育士の資格もあるので、将来はその道にも挑戦してみたいです。

中央幼稚園 内定
坂本 真優さん(児童教育学科)

運動を活かした遊びを学べる。

先生を目指す中で小さい頃から好きだった運動を活かせる場所で学びたいと思い、東女体大に入学しました。授業では、実際にボールや縄跳びなどを使って子どもたちができる動きを学べたので楽しかったです。就職活動では、キャリア支援センターの方による求人の紹介や書類の添削といったサポートをしていただきました。東女体大は先生との距離も近いので、分からないことを尋ねやすく親身になってサポートしていただけることが魅力だと思います。

平尾わかば幼稚園 内定
関口 彩夏さん(児童教育学科)

苦手を克服し、自信を持って幼稚園の先生に。

幼稚園の先生をめざすうえで不安だったのは、ピアノの技術です。でもそんな苦手意識を東女体大の授業で克服することができたのは、先生が近くで見てくださっていて、分からないところをすぐに聞ける環境だったから。そして、レベルアップするために必要な課題を、段階に応じて与えていただいたからです。ピアノの技術を身に付けられたことは、先生として働くうえでの大きな自信になりました。

保育園

八王子みなみ野雲母保育園 内定
溝呂木 紗奈さん(児童教育学科)

実践的な授業の中で学び、成長できる場所。

中学生の頃から保育園の先生を目指して東女体大に入学。初めは、子どもと音楽を合わせて体を動かすことに対して、少し“恥ずかしい”という気持ちがありました。しかし、「先生が楽しそうだと子どもたちも真似をして楽しそうにする」という教えを授業の中で学んでからは、何度も経験を重ねていくうちに楽しいと思うようになりました。実際に、実習先では子どもたちも楽しそうに踊ってくれたので、保育者として自分自身の成長を感じることができました。ほかにも、子どもが熱を出したときの対処法を学ぶ「子どもの保健」のように、就職後に役立つことを授業の中で実践的に学べることがとても嬉しいですね。また、「幼児体育」の授業のように体育を通して児童教育を学べることも東女体大の魅力の一つだと思います。

公務員

群馬県警察 内定
藤川 美有紀さん(体育学部体育学科)

現場で活躍する、女性警察官の姿に憧れて。

人に影響を与える仕事に憧れ、入学当初は教員を目指していました。
しかし、学内の企業説明会でお話を聞いて一番興味を持ったのが警察官で。周囲に影響を与えるだけでなく、人を助けられることに魅力を感じました。女性消防官や警察官の知り合いからも話を聞くうちに、「現場で活躍するかっこいい女性になりたい!」と思うようになりました。
就職活動の面接では、部活動で学んだ礼儀やメリハリのある動きを意識せずに出すことができました。また、私は簡潔に話すことが苦手でしたが、授業で人前に立つ機会が多く自分の考えを相手に的確に伝える力が鍛えられました。将来は、いつでも相談しやすい身近な女性警察官になるためにがんばりたいと思います。

航空自衛隊 内定
弓田 玲菜さん(体育学部体育学科)

学んだことは、周囲と協力してだれかのためにがんばる力。

所属していたソフトボール部では、目標を達成する上で、自分のためではなく人のためにがんばることが大切だと学びました。就職活動は、初めはソフトボールを教える教員を目指していましたが、もう少し広い範囲で考えたいと思っていたところ、学校内で行われた公安系説明会で航空自衛隊を知りました。多くの人の役に立てることや、たくさんの人を助けられることに魅力を感じて志望しました。大学では、キャリア支援課で詳しい話を聞いたり、ラーニングステーションで勉強を教えていただきました。授業では、苦手な実技を学生同士で教え合って協力していたので協調性を学ぶこともできました。こうした周囲の人と協力してがんばる力は、今後の職場でも活きてくると思います。

埼玉県(市役所) 内定
仲村 悠里さん(体育学部体育学科)

たくさんのサポートがあるから、進路が変わっても安心。

もともと体育の先生を目指して東女体大に入学しましたが、3年生のときに公務員になることを決意。就職活動は、所属していたストリートダンス部との両立が大変でしたが、キャリア支援センターが行っている公務員を目指す人に向けた講座に参加したり、キャリアカウンセラーの方に文章のアドバイスをもらうなど、たくさんサポートしていただきました。就職先の方には、東女体大はハキハキした学生が多いからか、体育大学ということを覚えてもらいやすかったですね。将来は、東女体大での経験を活かして、地域で行うスポーツイベントを考えていきたいと思っています。東女体大はいろいろな競技を専門とする学生が多く、考え方や個性もバラバラ。その中で、体を動かすことが好きな人は、得意・不得意をお互いに支え合いながら成長していけるので、より楽しい大学生活になると思います。

東京消防庁(消防官Ⅱ類) 内定
塚本 あんなさん(保健体育学科)

厳しい消防庁の実技試験でも、自信をもって挑めました。

保健体育学科では実際に身体を動かす授業が多く、運動能力を向上させながら実践的な知識を身に付けることができます。「体力トレーニング実習」では、腕や脚を動かす角度やトレーニングの順番で効果が大きく変わることを知り、効率的な体づくりの方法を習得できました。また、救命救急の資格を大学の支援を受けて取得。在学中に、消防官に必要な能力を培えたため採用試験の際に大きな自信になりました。