東女体大ヘッドライン 教職員と学生による学園情報ブログ!

【海外遠征】フェンシング部 仁木毬乃さん(大2) ジュニアワールドカップ スペイン大会(エペ種目)派遣決定!

記事公開日:2015.02.04

2月7日・8日に開催される「2015フェンシングジュニアワールドカップ スペイン大会」に、フェンシング部所属の仁木毬乃さん(大学2年生: 宮城県仙台高等学校出身)の派遣が決定しました。
先日、同じスペイン大会に派遣された水野さんはサーブル種目代表でしたが、仁木さんはエペ種目の代表です。

≪エペ≫相手の有効面(全身・剣の内側の非絶縁部分)を剣先で突いてポイントを獲得していく競技です。

今回の遠征に対する思いは?

11月のフィンランド大会の団体戦で出せた動きを今回の個人戦で出せるよう、外国選手と互角の身長と日本人選手の長所である剣の細かな操作を生かして戦いたいです。また、今大会が今年度の締め括りとなるので、日本ではあまり戦えない長身の選手におもいっきり挑戦していき、来年度に繋がる動きができるよう頑張ります。

大学入学と同時に被りはじめた面。

高校時代から一心同体となって戦っている剣。


なかなか間近で見ることがない道具を見せてくれました。思ったより軽く感じた剣でしたが、長さがあるので操作するのが難しそうに感じました。少しでも実際に競技を感じてみるのは大事ですね。

今年度は9月にハンガリー大会、11月にフィンランド大会に派遣され、海外遠征にも慣れてきた様子の仁木さん。経験を積んでいく中で、外国人選手への対策を自分自身で練られるようになってきたと試合に臨む変化の表れを話してくれました。
ベストを尽くせるよう、日本から応援しています。

フェンシング
フェンシング

インカレ優勝を目標に日々練習に励んでいます。ぜひ、足を運んでみてください。

HP作成部会

HEADLINE NAVI

CLUB CATEGORY

クラブ一覧

記事アーカイブ

東女体大ヘッドライン HEADLINE NAVI

CLOSE
CLOSE