東女体大ヘッドライン 教職員と学生による学園情報ブログ!

オペレッタをふりかえって-Bクラス代表学生のメッセージ (H26オペレッタ特集4)

記事公開日:2015.03.19

オペレッタでは、上演に至るまでに様々なストーリーが生まれていきます。学生や教員のメッセージから、みなさまにオペレッタの魅力をお伝えしたいと思います。
今回は、Bクラス代表学生:中島美月さんのメッセージを紹介します。

1.オペレッタを振り返って思うこと

とにかく、本当に本当に大変でした。笑
代表者をやらせていただいて、みんなの気持ち痛いほどわかる!けど先生の言い分も確かに一理ある。でもわたしはこう思う!でも代表者としてこう言わなきゃ…なんてこともたくさんありました。みんなもそうだと思うけど、当日が近づくにつれてオペレッタを考えない日は1日もなかったと思います。
感情を露わにしてぶつかることもたくさんあったけど、でもそれは一人一人がいいものにしようっていう気持ちがあるからこそで、たくさん悩んだ、でも充実した一年でした。

2.クラスの仲間に伝えたいこと

ありがとうの一言です。感謝しかないです。
段取りからなにからなかなか手際よく行かなくて、たくさんもどかしい気持ちにさせてしまったと思う。それでもみんなが気にかけて助けてくれて、最後までついてきてくれて、色紙までくれて、このBクラスだったからこそ、私たち2人の代表者が成り立っていたんだなって思います。
フィナーレの歌詞にもあるように、Bクラスのみんなが私にとって「一生の宝物」です。大好きです。

3.担任の先生に伝えたいこと

柳田先生にもありがとうございましたの一言です!笑
当日が近づくにつれてみんなピリピリとした雰囲気の練習になっていたのですが、柳田先生が明るく接してくれたので、クラスが和み、なおかつ一人一人を仲良くさせてくださったと思います。柳田先生がBクラスの先生で本当に良かったです。私たちのオペレッタを最後までやり遂げることができたのも柳田先生がいたから。みんな、厳しくて、でも優しくておもしろい先生が大好きです!!

4.これからオペレッタに取り組む後輩たちへ伝えたいこと

(左写真:中島美月さん)
とにかく大変です。本当に。バイトや部活もあって、どのような時間配分をしたらいいのか、たくさん悩むと思うし、クラスのみんなともたくさんぶつかると思います。でも最後まで、最後の最後まで頑張ることを頑張ってください。
辛くてしんどいことたくさんあると思うけど、最後に振り返ってみるとオペレッタを始めた頃より、たくさんの事を吸収して一回りも二回りも大きな自分になれてると思います。
これから始まる一年、きっととても充実したものになるよ!がんばってね!!

この記事に関連する情報

代表学生の皆さん。本当にお疲れ様でした。
この経験は必ず生きてくるはずです。次のステージでの活躍を期待しています。

HP作成部会

HEADLINE NAVI

記事アーカイブ

東女体大ヘッドライン HEADLINE NAVI

CLOSE
CLOSE