東女体大ヘッドライン 教職員と学生による学園情報ブログ!

【海外遠征】大学2年 藤川 彩夏さん「第4回世界ろう者水泳選手権大会」に派遣決定!

記事公開日:2015.08.10

8月13日から8月24日までアメリカ/サンアントニオ市で開催される「第4回世界ろう者水泳選手権大会」に日本代表選手として、藤川 彩夏さん(大学2年生)が選出されました。

≪出場種目 合計7種目≫
200m・400m 個人メドレー
50m・100m バタフライ
400m メドレーリレー
400m リレー
混合400m メドレーリレー

●水泳を始めたきっかけは?
→元々体が弱く体力をつけるためと友達が泳ぐ姿を見て自分も水遊びが好きで泳いでみたい気持ちがあり、親からの勧めもあって4歳からスイミングスクールに通い始めたのがきっかけです。
通っていたろう学校には水泳部がなく、大学に入学して初めて部に所属し水泳と向き合っています。

●本学を選んだ理由そして初めての部活動はいかがですか?
→スイミングスクールのコーチに本学卒業生の方がいらっしゃり、お声掛けいただいたのが東女体大を知るきっかけでした。そして、水泳部部長の大石先生にもお声掛けいただき、受験することを決めました。また、障がい者学生に対応できる情報保障があり、指導に関する資格がたくさん取れること、水泳関係の環境を考えて本学を選びました。
部活動に慣れるまでには少し時間が必要でしたが迷っていた時に、高校3年次に出場したデフリンピックで出会った大学4年生(当時)の小松さんと土屋さんから経験談等お話しを伺ったり、相談したりしました。同じ障がいを持つ先輩方の助けもあり、部活動にも少しずつ慣れていき今に至っています。

●出場7種目で一番得意な種目は何ですか?
→最初はあまり泳いでいなかった“バタフライ”が今は一番得意です。スクールのコーチの勧めで練習し始めたのですが、最初は腰が痛くなりあまり気が進みませんでした。しかし、練習を重ねていくうちに徐々に記録が出るようになり、大会ではメダルを獲得したい種目No.1です。

●大会に向けて、目標は?
→高校1年生の時に100mバタフライの決勝で2位でした。1位の記録までと世界新記録まであと少しだったので、その時より良いタイムを出してメダルを獲得することが目標です。
しかし、世界選手権の前に8/1~3の3日間、横浜で関カレがあり、現時点で2種目の出場が決まっています。先ずはその2種目でタイムを出して、世界選手権に弾みを付けたいと思います。
応援、よろしくお願いします。

この記事に関連する情報

HP作成部会

HEADLINE NAVI

記事アーカイブ

東女体大ヘッドライン HEADLINE NAVI

CLOSE
CLOSE