東女体大ヘッドライン 教職員と学生による学園情報ブログ!

ライフセービング部の日々の努力。

記事公開日:2016.02.17

私たちは夏休みに各浜で監視活動を行いますが、監視の内容は浜それぞれです。心肺蘇生や怪我をした時の処置など普段から役に立つことを学んでいます。
また、海やビーチ、プールでの大会もあります。

2015年11月14日、15日に第7回全日本学生プール競技選手権が千葉県国際総合水泳場で行われました。
日頃の練習成果を発揮する場面で、出場する選手はとても気合が入っていました。
また、一年生は初めてのプールの大会ということもあり、練習してきたことを緊張しながらも発揮することができたのではないかと思います。

 この写真は競技の一種で、マネキントゥ・ウィズフィンという種目です。
浮具のチューブをつけ、足はフィンをはいて50m先にいる溺れている人と想定したマネキンを救助して50m引っ張りながら帰ってくるという種目になります。
どの種目も体力、技術がとても大切なので、日々の練習を欠かすことができません。

この写真は2015年11月27日に撮影した、卒業写真です。
四年生は三人というとても少ない人数でしたが、いつも私たちを引っ張ってくださいました。四年生にとても感謝しています。

3月には強化練習や合宿もあるので、チーム一丸となって体力、技術の向上を図ることができるように頑張ります。

ライフセービング
ライフセービング

夏パトロールに向けて勉強やトレーニングに励んでいます。とても奥が深い活動です。

ライフセービング部広報担当

HEADLINE NAVI

CLUB CATEGORY

クラブ一覧

記事アーカイブ

東女体大ヘッドライン HEADLINE NAVI

CLOSE
CLOSE