東女体大ヘッドライン 教職員と学生による学園情報ブログ!

H21キャンプ・登山実習Ⅰ その2

記事公開日:2009.12.01

キャンプ・登山実習のレポートその2です。無事下山したことを祝って、バーベキュー形式の生還パーティーを行いました。

焼き肉、鶏すいとん汁、具だくさんの炊き込みご飯、そしてデザートにはキャンプ定番の焼きマシュマロ。
大変だった登山をみなでふりかえりながら、わいわいと楽しい時間が過ぎ、あっという間に夜も更けていきます。
夜は焚き火を囲んで話し込んだり、ランタンの明かりの中話し込んだりと、ゆったりとした時間が流れていきます。

4日目は個人別の選択活動です。戸隠名物そば打ち、自然物でのリース作り、フォトカード作りなど、思い思いの活動を楽しみました。
なにごとも凝りだすと止まりません。センスあふれる力作がそろいました。

戸隠はそばが有名。東女体オリジナル手打ちそばの味はいかに?
おいしいやつお願いします。大丈夫かな??

夕暮れのキャンプ場の風景です。
戸隠の豊かな自然のなかで、クラブの垣根を越えた仲間とともにゆるやかな時が流れていきます。
今まで話しをしたことがなかったメンバーとも、実習の後半には、夜遅くまで焚き火を前にしながら語りあうほど関係が深まっていきました。
自然の中での活動を通して、自分自身や仲間の新しい一面を発見した、充実したキャンプ実習となったのではないでしょうか。

実習期間中に、本学の阿部征次学長が視察に来られました!
以下、学生のコメントです。

■体育学部3年生 田代麻美さんのコメント
学長先生は野外炊飯など積極的に手伝ってくださり、火起こしなどとても上手でした。
みんなで作った夕飯で途中少し鳥肉と野菜が残ってしまい自分達でもう1品作ったところ先生は「おいしい」と笑顔でたくさんたべてくれました。
飯縄山登山では先生も一緒に登ってくださり私は後ろでずっと登っていて、遅れはじめると先生が励ましてくれました。
下りの時に険しい石などがたくさんあり、降りるのが恐かった自分に先生は「左足をあの石に、右手をここに付けばいいよ」と指示を出してくれてとてもたすかりました。
学校では先生と話した事がなかったのですがこのキャンプを通じて先生とたくさんお話することができ、先生もたくさんのこと話してくれました。
先生が訪問してくださって楽しいキャンプがより楽しい充実したキャンプになりました。

野外運動研究室

HEADLINE NAVI

記事アーカイブ

東女体大ヘッドライン HEADLINE NAVI

CLOSE
CLOSE