東女体大ヘッドライン 教職員と学生による学園情報ブログ!

教育実習報告会

記事公開日:2009.10.30

平成21年10月28日、教育実習報告会が行われました。
今年すでに教育実習を終えた先輩から、来年実習を予定している後輩へ、
熱いエールとアドバイスが送られました。
今回は、幼稚園での実習を報告してくれた
児童教育学科2年・伊藤このみさんの報告内容をレポートします。

【東京女子体育短期大学生としてのプライド】
私の実習園には、私のほかにも他大の実習生が7人いました。その人たちと違うもの・・・それは「体育大生としてのプライド」です。「どの実習生よりも負けたくない!」という気持ちが強かったです。
その中で私が心がけたことは・・・

☆体育大生として、他の実習生よりも礼儀正しく・明るく・元気よく・後先を考えて行動し、常に笑顔で爽やかさと元気さをアピール!
☆先生が荷物を持っていたり何かをしていたら声をかけて手伝うなど、積極的に行動する。
☆姿勢を正しく、ハキハキとしゃべり、当たり前のことをしっかりこなすようにする。
☆マット運動など授業でやったことを生かす。
「腰が軽い」「見ていて気持ちが良い」「礼儀や姿勢が良い」などと言われました。

【これから実習へ行くみなさんへ】
きっと不安や緊張でいっぱいだと思います。私も前日は眠れませんでした。でも大学の友達同士でメールや電話で励まし合い力をもらいました。実習先は違うけど、みんな頑張ってて気持は同じだし、やりきろう!と思いました。友達同士の支えはとても大きいです♪また、園に行くと子供たちが可愛くて毎日過ぎるのが早かったです。
事前に準備することはして、どんな実習にしたいかをよくイメージしてください。園にいる時、子供たちからも先生方からも「先生」と呼ばれます。ハキハキと堂々と自分らしさを出して、先生になってください。また、東京女子体育短期大学の学生である限り、大学の看板を背負っていることを忘れず、見られることを自覚し、普通の大学生とは違うという自信とプライドを持ってください。
自分の特技を発揮したりアピールも大切です☆☆私はサッカーが得意なので、子供たちにリフティング見せてあげたのですが、「すごい♪」「僕にも教えて!」と子供たちは興味を持ってくれました。自分の持ち味は恥ずかしがらずに出した方がv(^_^)vGood!
実習までの授業を大切にし、たくさん色んなことを吸収し、自分のものにしてください!

資格課

HEADLINE NAVI

記事アーカイブ

東女体大ヘッドライン HEADLINE NAVI

CLOSE
CLOSE