東女体大ヘッドライン 教職員と学生による学園情報ブログ!

受験生へ、1年前に試験入試受験をしてた先輩からのアドバイス! ~その1~

記事公開日:2010.01.20

神奈川県 私立桐蔭学園高等学校出身 大学1年 伊藤すなお

Q.東京女子体育大学の入試を受けるに当たり、どんな対策を?
A.私は運動競技歴が無かったので、大学「B方式」を選択しました。
 ・国語と英語は、学校の勉強を中心に基礎力をあげました。特に国語の漢字、文学史は直前に力を入れて勉強。
 ・小論文は、高校の先生に見て頂き、スポーツをテーマにして、自分の考えをしっかり持てるようにしました。体育大学は総合大学とは違い、より専門的に勉強をすることができること、自分の競技ものびのびとできることなどを考えながら、大学生活をどう過ごし、その後の人生にどう生かすかを具体的にイメージしていました。「志望理由書」を何回か書き、文書に慣れてから小論文の練習をしました。
 ・実技テスト対策は、陸上競技100M走を選択しました。
  綺麗なフォームで走れるように、高校の陸上競技の先生に見ていただきました。
 ・ケガをしたり、体調を崩したりしないように、早寝早起きを意識しました。


私は、ラクロスが専門種目だったので、実技テストは自信がなく学科で点数が取れるように過去問題を勉強しました。文学史が特に難しかったけど、知識をつければ大丈夫だと思い最後は単語などの知識を増やしました。
東京女子体育大学に入ってラクロスをのびのびとやり、スポーツに関する仕事に就きたい、勉強も頑張りたいという気持ちがあったからこそ、受験勉強を乗り越えられたと思っています。
具体的に大学生活をイメージすることで、やる気にもなれた。今振り返るとしっかり受験期に考えたから、今があると思います。
何か1つでもやりたい事があれば頑張れると思うから。。。。。。。。。私は、ラクロスでした。
今は、ガッツリ!!学生生活を楽しんでいます。
みなさんは、自分のやってきたことを信じて、前に進んでください。いつもの通り。

入試広報課

HEADLINE NAVI

記事アーカイブ

東女体大ヘッドライン HEADLINE NAVI

CLOSE
CLOSE