東女体大ヘッドライン 教職員と学生による学園情報ブログ!

【海外遠征】並木 梨紗さん『第4回東アジアU-22選手権』&『第6回女子ユース世界選手権』(ハンドボール競技)結果報告!

記事公開日:2016.08.22

7月に下記2大会に派遣されました並木 梨紗さん(短大:保健体育学科1年,ハンドボール部所属)の大会結果を報告いたします。

◇第4回東アジアU-22選手権◇   *結果*  3位 / 4か国出場
 期 間:7月2日(土)~7月11日(月)
 開催地:中国 / 蘇州市

◇第6回女子ユース世界選手権◇  *結果* 17位 / 24か国出場
 期 間:7月17日(日)~8月2日(火)
 開催地:スロバキア / ブラティスラバ

~東アジアU-22選手権を終えて~

合宿を2回しかしておらず、その中で久しぶりにみんなと練習をしたのですが、最初はプレーがかみ合わない部分とかがありました。また、関西の方たちは西日本インカレがあったため、何人か参加をしていなくて、12人という少ない人数のなかでの調整でした。
実際の大会では、他国の選手はほとんどが22歳の年上の方が出場していて、とてもレベルの高い試合でした。特に、韓国代表は素晴らしい選手が多く、試合をする中で多くのことを学ぶことができました。
この大会で一番の収穫は、一つのチームとしてまとまっていく経過を体験でき、一体感というものを得られたことです。その点は世界選手権に繋がる、チームとしても大きな収穫となりました。

~ユース世界選手権を終えて~

世界選手権は同年代の選手が多かったのですが、やはりヨーロッパの選手はとても上手く、迫力のある選手ばかりでした。日本はとても小柄で不利な部分もありましたが、小柄なりのプレーをしっかりと見せつけ、チームにとってプラスになる試合をすることもできました。
最初は東アジア選手権で得られた一体感が発揮できなかったのですが、試合を重ねていくうちに徐々に一つにまとまり、強豪国にも通用する試合を展開することができたと感じています。



[写真はスロバキアの一風景:とても涼しく過ごしやすい国でした]

~2つの大会を経て、今後の目標は?~

現在、U-18のカテゴリーで選出して頂いていますが、さらに上のカテゴリーにも選ばれる選手になりたいです!










[写真はスロバキアの一風景:移動中のバスの中から。]

この記事に関連する情報

HP作成部会

HEADLINE NAVI

記事アーカイブ

東女体大ヘッドライン HEADLINE NAVI

CLOSE
CLOSE