東女体大ヘッドライン 教職員と学生による学園情報ブログ!

「出会ったところは東女体」第8回目 (連載全15回)

記事公開日:2011.09.14

2011東女体大ポスターより
東女体で出会った「ふたり」をご紹介していきます。
「出会い」が将来へとつながり、創立110周年へと東女体大は進んでいます。

◆支え合える仲間!一日一日全力で

聖ウルスラ学院英智高等学校 出身
大学体育学部体育学科4年

能登さんとは同じ部の仲であり、2年の時はルームメイトでした。
辛いと時、楽しい時もずっと一緒だったので、私にとってはいつも支えになっていました。
夢と希望にあふれる後輩たちへ…
人生何が起こるか分からない!目標を見失わず、花開くように一緒にがんばろう!


◆プラスの方向へ導いてくれる友

愛知高等学校 出身
大学体育学部体育学科4年

ソフトテニス部の同期の太田さん。
ライバルでもあり、私の理解者。
即行動、即決断のできる彼女のプラス思考に私もつい引っ張られていきます。
大学は多様な考え方を知れる場であり、同じ目標をもった人と一緒にやっていける場です。

◆友達との時間を大切に刺激を受ける毎日

日本橋女学館高等学校 出身
大学体育学部体育学科4年

清水さんはクラスメイト。共通点は運動部。
朝練に週末の試合と日々多忙な中、授業を休まず両立させているのを近くで見ていると、
私も甘えていられない、がんばろうという気持ちになります。
こんな友達との何気ない時間も大切に、学生生活を楽しんでいます。


◆何でもいい。熱中できることを見つけよう!

都立南平高等学校 出身
大学体育学部体育学科4年

1年からトライアスロンを始め、3年でインカレ6位入賞を果たせました。
学生のうちに何でもいいから、自分が熱中できる事を見つけ取り組んでいくと成長につながります。
友人の芝間さんは1年の時から主務をしていて、部員と共に全日本や世界選手権に向けて頑張っています。
クラスでは癒し系、部では責任感の強い主務。見習いたいです。

※画像をクリックしていただくと大きな画像がご覧頂けます。
入試広報課

HEADLINE NAVI

記事アーカイブ

東女体大ヘッドライン HEADLINE NAVI

CLOSE
CLOSE