東女体大ヘッドライン 教職員と学生による学園情報ブログ!

『はじまりはいつも晴れ!』~新4号館完成までの道~ 第6回

記事公開日:2011.10.14

皆さまこんにちは、フジでございます。
10月に入り朝晩と肌寒くなってきましたが、昼間はカラダを動かすのにいい季節となりましたね。私は、体育館やグラウンドで学生の皆さんの動きを観察しながら一緒に運動しています。体育大の学生さんの動きには全くついていけませんが、楽しいです。昔は、私の動きを見て友だちのメタセコイヤが大笑いをしておりましたが、めげずに動き続けております。
皆さん、たくさんカラダを動かしましょうね!適度でいいんですのよ、楽しめればそれだけで、、、 自分にはできないと思わずに、ハイカラな言い方をしますと"I can!"ですよ!

さて今回は、、、
~徐々に大きく~「大きなキリン、現る!」
学園のほぼ中央に突如?として現れた【キリン】・・・それも2頭。
なにやら首を伸ばしては遠くを見つめ、屈めては地面を観察しているような・・・
果たしてその実態は、、、

~どのような感じになっているのか?~「外観の全貌が明らかに」
ずっと白い壁と灰色の布で覆われていた4号館。どのような建物になっているのか、待ち遠しかったその全貌が今回明らかになります。

青空にすくっと伸びる首。凛々しさを感じるのは、私だけでしょうか?

なにやら2頭で打合せをしているようです。
何の話しをしているのでしょう?私、会話できるでしょうか・・・ちょっと近づくのに勇気がいります、、、 

でも“I can!”ですよねっ!

勇気を出して話しかけてみました!!
気さくな方たちで、私は旧4号館や学園のことをたくさんお話ししました。お二人からは仕事の内容や今までの経験をいろいろ伺うことが出来ました。

重たくて大きな物を持ち上げるという、大事な役割を果たしているお二人。あの細い首で持ち上げているんですから、すごいですね。たまに疲れてお互いの首のマッサージをしているそうですよ。

ずっと壁で覆われていた新4号館のお披露目です。
立派な建物になりました。中央線の電車の中からもご覧いただけるようですよ。
これからこの新4号館をたくさん愛してあげましょうね!

シリーズの6回目、皆さまいかがでしたでしょうか?
今回は、新4号館のお披露目をさせていただきました。これからこの建物で学んでいく学生さんたちが、新たな4号館の歴史を刻んでいくのですね。私も皆さんと一緒に未来を歩んでいきます。何十年・何百年、この藤村学園と共に・・・
To be continued. 皆さまごきげんよう。

このページの案内人は架空の人物です。しかし、話してくれている内容の一部はノンフィクションです。フィクションとノンフィクションからなるこの不思議なブログはこれからも続きますので、ご覧の皆さんには楽しんで見ていただきたいと思っております。今後とも宜しくお願い致します。HPプロジェクト

HEADLINE NAVI

記事アーカイブ

東女体大ヘッドライン HEADLINE NAVI

CLOSE
CLOSE