東女体大ヘッドライン 教職員と学生による学園情報ブログ!

【海外遠征】山中優貴さん、『第3回世界ろう者陸上競技選手権大会』結果報告!

記事公開日:2016.10.21

6月23日~7月5日、ブルガリア/スタラ・サゴラで開催される、『第3回世界ろう者陸上競技選手権大会』に日本代表として、山中優貴(大学体育学部2年)さんが出場しました。

結果報告
 女子やり投げ 6位入賞  36m21 (シーズンベスト)

日本代表として出場する海外試合は今回が2回目でしたが、全力を尽くし、自己ベスト記録を更新することを目標とし出場しました。

昨年のアジア大会の時は、練習中に痛めた背中が完治しないまま臨んだ試合だったので、今回は大きなけがもせずに、無事に終わらせたいと思いましたが、思った記録が出せず、悔しい気持ちです。

日本代表としてプレッシャーを感じ、ベスト8に入れるか、心配になる気持ちもありました。
いつもの投擲場とは環境が違い、投擲しづらかった状況でしたが、世界のレベルはやはり高いことを感じました。
今回の大会を経験できて良かったと思っています。

来年開催される、デフリンピックに出場するための基準記録を超えるよう、フォームを見直したり、技術を磨いていきたいと話す山中さん。引き続き、応援よろしくお願いします!

HP作成部会

HEADLINE NAVI

記事アーカイブ

東女体大ヘッドライン HEADLINE NAVI

CLOSE
CLOSE