東女体大ヘッドライン 教職員と学生による学園情報ブログ!

「教育実習に臨む皆さんへ」~卒業生からのスペシャルレター~

記事公開日:2012.05.30

 今回は、香港日本人学校にお勤めの奧貴美子(おくきみこ)先生より、教育実習に臨む皆さん宛にメッセージをいただきましたので、このブログを通してお届けいたします。

 また、香港で教員としてご活躍されている奥先生に、香港の様子を取材させていただきました。東京では感じることのできない内容です。どうぞ、ご覧ください。

――まずは奥先生から、教育実習に臨む皆さんへのメッセージです。

 3週間しかない中で何ができるかを考えていたら…、といつも思います。私は3週間で何かを変えることもできなかったし、何かをできるようになることもありませんでした。最後の反省会で指導教官へ体育のある意味が分からないと言った後、指導教官から体育は学校に絶対必要だといわれたことは、今でも忘れないことでいつも念頭に入れていることです。3週間頑張ってください!

?香港の休日?「饅頭節」

 香港は4月30日に、饅頭祭という香港の伝統的なお祭りがありました。当日は天気が悪かったので、昨年の写真をお届けいたします。「饅頭節」は、もともとは漁民の守り神である「北帝」の誕生日を祝うものだそうですが、嵐で亡くなった村民の魂や、海賊に殺された人々の魂を鎮めるためのお祭りとも言われています。いずれにせよ島をあげての盛大なお祭りは、香港4大祭りの一つです。

 このお祭りには、フェリーで長州島(ちょうしゅうとう)という離島までいきます。
 日本でいうSuicaと同じ機能を持つ、香港でいうOctopusというカードで乗船します。写真にある高速船だと、大人35HKDで所要時間40分、普通船だと、大人18HKDで所要時間60分くらいです。

――これは、獅子舞のようにも見えますが、象舞ですか?

 (笑)ええ、多分獅子舞であっていると思います……。

 これがお饅頭です。1枚目の写真が、祭りのメイン会場なのですが、この饅頭を積み上げた饅頭タワーがたくさん並んでいます。また、この饅頭を貼り付けた饅頭神輿みたいなものもあるんですよ。

――日本では見れないお祭りですね。ところで、このお饅頭は食べれるのでしょうか?

 もちろん、食べられます。1時間前に長州島にいき、職員分手に入れました!味はあんこ、蓮あん、杏仁の3種類でした。

――奥先生、お忙しい中メッセージをありがとうございました。

――次回に続く!

HP作成部会

HEADLINE NAVI

記事アーカイブ

東女体大ヘッドライン HEADLINE NAVI

CLOSE
CLOSE