東女体大ヘッドライン 教職員と学生による学園情報ブログ!

【海外遠征】北村 恵さん『第17回MILO国際ジュニアオールスターズ選手権大会2016』(ボウリング競技)に結果報告!

記事公開日:2016.12.26

11月28日から12月8日にかけてマレーシア/クアラルンプールで開催された『第17回MILO国際ジュニアオールスターズ選手権大会2016』(ボウリング競技)に東京都代表として、北村 恵さん(大学1年)が派遣されました。

【大会結果】
 予選 Youth Girls Open Qualifying (21才以下海外枠) 7位で通過
 決勝 Finals 15位 <10ゲーム戦って、平均スコア210.80点>

8日に帰国してすぐに大会出場と、多忙な学生・競技生活を送っている北村さんにお話を伺いました。

◆大会はいかがでしたか?◆
 海外の大会は初めてだったのですが、とにかく楽しかったです。今までに味わったことのない感覚(緊張)でした。
 マレーシアは33℃くらいあったのですが、カラッとしていて過ごしやすかったです。あと、ご飯がおいしかったのでよかったです。


写真は、大会会場

◆ボウリングを始めたきっかけは?◆
 ボウリングは両親が趣味でやっていたこともあり、小学5年生の時に教室に入ったのがきっかけで始めました。

◆ボウリングの魅力・難しさは?◆
 魅力は、年齢・性別に関係なく楽しめるところです。また、障がい者の方とも一緒にプレーができ、幅のある競技であるところが魅力だと感じています。
 難しさは、ボウリングは3~4時間の戦いになるので集中力の持続やメンタル面のコントロールといった点です。でもその難しさの奥にある、レーンを読んで攻め方を変えていくところなどが、おもしろいところでもあります。

◆今後の目標は何ですか?◆
 目標は、来年の3月に全日本選手権があるので、そこに出場して“優勝”したいです!そして同じ3月に日本代表選考会があるのでその選考会を通過し、日本代表の選手として活動したいと思っています。また、現在の日本代表のキャプテンの方に憧れているので、その方に少しでも追いつけるよう頑張ります。

◆本学にはボウリング部がないのですが、入学の決め手はどんなところでしたか?◆
 自分の周りに東女体大の卒業生の方がいたのが大きいかもしれません。そんな中、出身高校の体育の先生に卒業生の方がいて、その先生の体育の授業が楽しかったこともすごく影響しています。

この記事に関連する情報

HP作成部会

HEADLINE NAVI

記事アーカイブ

東女体大ヘッドライン HEADLINE NAVI

CLOSE
CLOSE