東女体大ヘッドライン 教職員と学生による学園情報ブログ!

【110周年特別企画】東女体大とスポーツと私(本田 宗洋)

記事公開日:2012.09.21

本学は今年で110周年を迎えました。
それを記念し特別企画として、教職員からメッセージをお送りいたします。
テーマは【東女体大とスポーツと私】

第3回 本田 宗洋教授(専門:野外運動)

東京女子体育大学の創立110周年記念を迎えるにあたり、輝かしい伝統がここまで築きあげられたことを、皆様方とともに祝いたいと思います。
さて、「東京女子体育大学とスポーツと私」といえば、授業はもちろんですが、クラブ活動やゼミを通しての学生との関わりも大きくなっております。
 水泳の授業では、泳ぎが苦手な学生の指導、すなわちできない学生をできるようにする指導に力を入れており、熱心に練習して頑張った学生の「先生、泳げた!」という喜びの言葉を聞くと私も嬉しくなり、「よし、いいぞ!」という感じです。このように、授業を通して自らの身体活動により、努力して結果を出すということは、卒業後の生活に影響を及ぼすほど貴重なことであり、正に体育大学ならではの貴重な経験と言えるのではないでしょうか。

一方カヌー部では、全員一丸となって勝ち取ったインカレ総合優勝、スノーボードクラブでは、自己の研修も兼ねて学生といっしょに合宿をしたり、ゼミではリバーサイドキャンプ活動の実施等、学生とともに活動することを重視してまいりました。特にゼミ活動では、実際に体験しなければ得ることができない感動があるので、今後も東京女子体育大学でしかできないと言えるような内容を目指していこうと考えております。
将来的に大学をとりまく様々な問題はあると思いますが、教職員が一丸となってこれらの問題に取り組み、学生達のために全力で頑張っていくことにより、東京女子体育大学は120周年、そして200周年へと邁進していくものと確信しております。

この記事に関連する情報

HP作成部会

HEADLINE NAVI

記事アーカイブ

東女体大ヘッドライン HEADLINE NAVI

CLOSE
CLOSE