東女体大ヘッドライン 教職員と学生による学園情報ブログ!

第7回 研究フォーラムが行われました!

記事公開日:2013.01.28

平成25年1月23日(水)に、東京女子体育大学・東京女子体育短期大学 研究フォーラムが行われました。

研究フォーラムは、教員の研究活動の情報共有と活性化を目的に実施されています。聴講した学生にとっても、競技力向上や卒業研究に取り組むうえでのヒントを得る機会となったのではないでしょうか。

(*写真の日付が2008年となっておりますが、今年度撮影したものです。)

今年度の発表者と発表内容は以下の通りです。
(○:発表者)

1.一般発表1
?クライミングを導入したクラブ活動における学生の体験プロセス
○東山昌央

?画像マーカーによる拡張現実の教材利用
○榎本竜二

2.共同研究発表
?大学および高等学校における陸上競技の授業の現状について
○櫻田淳也・佐々木大志・高梨雄大

?本学卒業時における学生満足度調査
?平成23年度卒業生について?
小野田桂子・○奥野知加・阿江美恵子・加藤明・山田浩二郎・若山章信

?新体力テストによる競技別体力特性
○若山章信・八尾泰寛・東山昌央・烏賀陽信央・小野田桂子・佐藤理恵・佐々木大志

3.一般発表2
?「こどもスポーツ」を扱う教育的意義:幼児教育の視点から
○佐藤喜代・戸田芳雄・秋山エリカ

?児童教育学科の学生の描画力の指導法について
○宿輪忍生


学生たちが授業に何を期待し、それがどの程度充足されているのか。あるいは、教育の質を高めていくために、どのような配慮が必要なのか。自身の担当する授業、研究活動を振り返るよい機会となりました。

発表者である宿輪先生は、今年度をもってご退職されます。長年にわたり、本学学生の教育にご尽力されてこられました。お疲れ様でした。

ご発表いただいた先生方の意欲的な取り組みにより、盛会の内に今年度の研究フォーラムを終えたことを、ここにご報告いたします。

文責 女子体育研究所

HEADLINE NAVI

記事アーカイブ

東女体大ヘッドライン HEADLINE NAVI

CLOSE
CLOSE