東女体大ヘッドライン 教職員と学生による学園情報ブログ!

【海外遠征】小林かなえさん、『2017フェンシング アジア アンダー23 ベトナム・ハノイ大会』結果報告

記事公開日:2017.12.19

平成29年10月24日から10月31日にかけて、ベトナム/ハノイで開催されました『2017フェンシング アジア アンダー23 ベトナム・ハノイ大会』に、小林かなえさん(児教2年)が日本代表選手(女子サーブル種目)として出場しました。

結果
・個人 5位
・団体 5位

≪サーブル≫
『突き』だけでなく『斬る』ことでも得点となり、頭部、両腕を含む上半身が有効面となる種目です。また、フルーレ同様に攻撃権がある種目です。

試合を終えて~個人戦~

今回の試合は、プレイに集中でき、スピードもあり、コンディションが良かったと思います。メダル獲得を目標としていたため、あと1勝でメダルを獲得できるところまでいったので、メダルが取れなかったことは、悔しく思っています。
カテゴリーが「ジュニア」から「アンダー23」へと変わり、初めての海外遠征であったため、緊張しましたが、5位という結果を収められたことは自信がつきました。

試合を終えて~団体戦~

個人戦と比べると、「もっと出来たことがあったのではないか、点をとれたのではないか」という思いがあります。
特に、シード国の韓国、ベトナムとの対戦でしたが、競って負けてしまったので、悔しかったです。

(写真はハノイ市街地の様子)

今後にむけて

現在、国内のシニアのランキングで上位にはいますが、まだ海外のシニア遠征の派遣には至っていません。
学生、全国はもちろん、海外でも成績が残せるよう、自分のパフォーマンスを上げていきたいです。

なお、小林さんは、12月15日~福井県で開催されました、「第70回全日本フェンシング選手権大会」の女子サーブル団体戦に出場し、第2位という素晴らしい成績を収めています。

(写真は、海外遠征補助金交付式後に部長の柳田先生と記念撮影)

HP作成部会

HEADLINE NAVI

記事アーカイブ

東女体大ヘッドライン HEADLINE NAVI

CLOSE
CLOSE