東女体大ヘッドライン 教職員と学生による学園情報ブログ!

2月17日(土)東京2020応援プログラム 特別講座のご案内

記事公開日:2018.01.31

本学では「東京2020応援プログラム 東京女子体育大学・東京女子体育短期大学 特別講座~東京2020オリンピック・パラリンピック プロジェクト~」を開講しています。平成29年度は、『ちょっとやってみる!~各競技の特性を知り、実際に競技を体験しよう~』をテーマに掲げています。
参加無料、申込不要、見学自由です。皆様お誘いあわせの上、どうぞ、お気軽にご参加ください!

■体験種目:テコンドー■

日時 : 平成30年2月17日(土)13:00~14:30
場所 : 本学 武道場
講師 : 髙橋 美穂 氏
(1992バルセロナオリンピック日本代表/AJTA全日本テコンドー協会理事)

テコンドーについて深く知ることができます!ぜひ皆様、ちょっとやってみましょう!お待ちしております!

写真は、本学2年:梅原麻奈さんのテコンドーの演武の様子です。

テコンドーとは

韓国発祥の競技であり、試合で用いられるテコンドー用語には韓国語が用いられます。
跆拳道(たいけんどう)とも表現され、「跆」は踏む、跳ぶ、蹴る等の足技、「拳」は突く、叩く、受ける等の手技、「道」は武道を意味しています。
オリンピック競技に正式種目になっているのはスパーリング競技のみで、世界選手権では型、試割等の種目も行われています。

HP作成部会

HEADLINE NAVI

記事アーカイブ

東女体大ヘッドライン HEADLINE NAVI

CLOSE
CLOSE