東女体大ヘッドライン 教職員と学生による学園情報ブログ!

【海外遠征】ユニバーシアード冬季競技大会派遣決定!!

記事公開日:2013.12.09

 平成25年12月11日(水)から21日(土)の期間、イタリア・トレンティーノで開催される第26回ユニバーシアード冬季競技大会に、日本代表として大学2年生 能登谷優衣さんの派遣が決定しました。
 能登谷さんは本学で勉学に励みながら、SEIBUプリンセスラビッツに所属し、アイスホッケー競技で活躍しています。



◇◆能登谷さんから大会前にコメントをいただきました◆◇

■========================■

  能登谷 優衣 体育学科2年
  (所属:SEIBUプリンセスラビッツ)

■========================■

★競技を始めたきっかけを教えてください。

私の父が社会人になってからアイスホッケーを始めたのがきっかけです。3歳の頃から父に連れられて、スケーティングの練習を始めるようになりました。また、祖父がアイスホッケーの試合観戦によく連れて行ってくれたのも、アイスホッケーを本格的に始めるきっかけになったと思います。

★所属するSEIBUプリンセスラビッツについて紹介してください。

私の所属するSEIBUプリンセスラビッツは、高校生から社会人まで幅広い年齢層で、26名の選手と9名のスタッフでチームが構成されています。選手の中には、U18日本代表選手や五輪代表選手が多数所属しており、チーム最大の目標である全日本女子アイスホッケー選手権大会“優勝”のため、氷上トレーニングや陸上トレーニングに日々励んでいます。選手の中には本学の卒業生もいて、年齢に関係なくチーム仲良く活動しています!

★ユニバーシアード大会に向けての意気込みをお願いします!

アイスホッケーの選手としては小柄ですが、海外選手との体格差に臆することなく、日々の練習で鍛えた「足」を活かして、自分のできる最大限のプレーで大会に挑みます。アイスホッケーに専念できる機会を与えていただきましたので、大会を存分に楽しみたいと思います!応援宜しくお願いします。





ユニバーシアード競技大会は、国際大学スポーツ連盟(FISU)が主催する総合競技大会で、世界の学生トップアスリートが一同に集まる大会です。日本代表として、日頃の練習成果が十分に発揮できるよう、皆さまの心温まる応援をお待ちしております。

HP作成部会

HEADLINE NAVI

CLUB CATEGORY

クラブ一覧

記事アーカイブ

東女体大ヘッドライン HEADLINE NAVI

CLOSE
CLOSE