東女体大ヘッドライン 教職員と学生による学園情報ブログ!

【海外遠征】「USオープン(G-2)〔テコンドー〕」報告

記事公開日:2018.02.28

1月27日(土)から、アメリカ/ラスベガスで開催されました「USオープン(G-2)〔テコンドー〕 」の日本代表として、大学2年 梅原麻奈さんが出場しました。

結果  ベスト16

試合結果について

今まで、アジア圏での試合しか出場したことがなかったため、時差もあり、中1日という短い中で調整が難しかったです。
1回戦はシードで、2回戦は今夏ユニバーシアード競技大会で対戦した台湾の選手でしたが、残念ながら負けてしまい、ベストなパフォーマンスができませんでした。
パワーやパフォーマンスを評価される結果となり、正確性がアピールであるアジア圏のスタイルとは違ったため、地域によって異なることを実感する試合となりました。

今後の活動について

平成30年度は、テコンドーのアジア大会、プムセ(型)世界大会、アジア競技大会(平成30年度からテコンドーが正式種目となった)があります。日本代表として出場し、活躍できるよう、練習を積みたいと思います。
また、3月20日からは韓国で開催される、プムセの新しい型についてのセミナーに参加し、最新の情報を入手して、テコンドーの技術を高めていきたいと思っています。

なお、4月からルール変更されることが発表されていますが、テコンドー競技のプムセ(型)がオリンピックの正式種目に追加されるための必要な段階として、様々な動きが見られています。
国内外から情報を収集しながら、さらに自分の技術をより高めていけるよう、頑張って行きたいと思います。

写真は、海外遠征補助金交付式および、
平成30年2月17日/東京2020応援プログラム特別講座での様子。

HP作成部会

HEADLINE NAVI

記事アーカイブ

東女体大ヘッドライン HEADLINE NAVI

CLOSE
CLOSE