東女体大ヘッドライン 教職員と学生による学園情報ブログ!

【後援会】 山梨県支部保護者懇談会

記事公開日:2018.10.12

本学園には、在学生の全保護者によって組織され、学園当局と一体になって学園の発展と学生の修学援助や厚生福祉を図ることを目的とした後援会があります。
後援会では、大学と保護者が共に学生の育ちを支援するための「情報交換の場」を設け、都道府県単位で設置している各支部ごとに、毎年1回保護者懇談会を開催しています。大学から教授が出向き、大学の近況報告の後、子女の修学状況や就職・日常生活などを話題に大学と保護者のコミュニケーションを図っています。
今回は、山梨県支部長より、保護者懇談会のご報告をさせていただきます。

山梨県支部報告

実施日:平成30年9月8日
会 場:かんぽの宿石和

阿江美恵子教授から大学の近況報告や教育方針など詳しく説明がありました。藤栄会の数野様からは幼稚園を経営しているので本学の学生を積極的に採用していきたいとのお話しがありました。
藤栄会本部副会長の岡部様からは、本部の活動内容や県内の教員採用の現状についてのお話しがありました。また、事務局長の吉成先生からは勤務先の甲府商業のチアダンス部が世界大会で優勝したとの報告があり、そのメンバーの一人が今年本学に入学し、チアダンス部を作るために頑張っていること、来年も優勝メンバーの一人が入学を希望しているとの報告がありました。
是非頑張ってチアダンス部を作り、大学でも優勝目指してほしいと感じました。

参加した14名の保護者からは、大学の近況が聞け、悩み事の相談や成績のこと、県内の就職状況、部活とアルバイトの関係、アパートの空室状況や藤園祭の詳しい話が聞けて本当によかったとの意見が聞かれました。
大学と藤栄会の方々が本当に親身になってくださっていることや保護者と大学が近い関係にあることを実感しました。
様々な理由で参加できなかった保護者の方々、来年は是非参加をお願いいたします。今回参加していただいた保護者の皆さま誠にありがとうございました。

(山梨県支部長 富田 実良)

この記事に関連する情報

後援会

HEADLINE NAVI

記事アーカイブ

東女体大ヘッドライン HEADLINE NAVI

CLOSE
CLOSE