東女体大ヘッドライン 教職員と学生による学園情報ブログ!

森直幹名誉教授 瑞宝中綬章受章を祝う会を開催

記事公開日:2018.11.30

 本学名誉教授 森直幹先生が、2018年秋の叙勲において「瑞宝中綬章」を受章され、平成30年11月21日(水)に本学学生食堂において祝う会を開催しました。
 会では、学園をはじめ体操競技部や同窓会藤栄会などから花束やお祝いの贈呈が行われ、森先生と深く関られてきた縁のある先生方からお祝いのおことばを頂きました。

 森先生は、本学教授として29年、教育職員として48年間に亘り、体操競技の経験と研究成果を活かして器械運動実技およびコーチング論の教育に尽力されました。
 体操競技部では、監督、部長として33年間に亘って学生の指導にあたり、574名の部員を輩出するとともに競技大会で優秀な成績を挙げられました。また、日本体操協会役員として体操演技を分析、発表し日本代表選手の競技力向上および体操競技の普及、発展に大いに貢献されたことが認められました。

【次 第】
一. 開 会
二. 森先生の経歴のご紹介
三. 花束贈呈
四. 理事長からお祝いのおことば
五. 学長からお祝いのおことば
六. 森先生からのおことば
七. 乾 杯
八. 歓 談
九. 縁のある先生方からのお祝いのおことば
十. 中締め

理事長より、お祝いのおことばが述べられました。

学園を代表し、浅見学長より花束が贈られました。

また、縁のある先生方より、授業や学外実習、クラブ活動等において、学生のために優しくご指導されてこられた思い出について語られました。

森名誉教授を囲んだテーブルにて

上段左から大石理事、金子理事、吉峯理事
下段左から土屋評議員、森名誉教授、加茂名誉教授

森名誉教授と本学体操競技部指導者のみなさん

左から
渡辺博之教授、山田まゆみ教授、金子教授、
森名誉教授、塩野名誉教授、佐藤晋也准教授、
林教務補佐員

この記事に関連する情報

総務課

HEADLINE NAVI

記事アーカイブ

東女体大ヘッドライン HEADLINE NAVI

CLOSE
CLOSE