東女体大ヘッドライン 教職員と学生による学園情報ブログ!

【後援会】 鹿児島県支部保護者懇談会

記事公開日:2018.12.19

本学園には、在学生の全保護者によって組織され、学園当局と一体になって学園の発展と学生の修学援助や厚生福祉を図ることを目的とした後援会があります。
後援会では、大学と保護者が共に学生の育ちを支援するための「情報交換の場」を設け、都道府県単位で設置している各支部ごとに、毎年1回保護者懇談会を開催しています。大学から教授が出向き、大学の近況報告の後、子女の修学状況や就職・日常生活などを話題に大学と保護者のコミュニケーションを図っています。
今回は、鹿児島県支部長より、保護者懇談会のご報告をさせていただきます。

鹿児島県支部報告

実施日:平成30年12月2日
会 場:薩摩郷土料理「吾愛人」鹿児島中央駅東口店

大学から秋山エリカ教授にお越し頂きました。
はるばる鹿児島に来ていただくので、鹿児島らしいお食事を・・・と考え「黒豚のしゃぶしゃぶ」を味わいながらの楽しい歓談となりました。
秋山教授より大学での学生の様子、競技で多くの結果が出ていること、大学の評価が高いために多くの求人が来ていること、大学の施設が整備されていること等、貴重なお話しを伺うことが出来ました。

個人面談でも、教授が学生ひとり一人と向き合って学生生活や成績、卒業後の目標等を確認していただいているので親としてはありがたい限りです。
また、卒業生の藤栄会からご出席いただきました東先生より、高校教諭として鹿児島の現状や卒業生の鹿児島での様子等お話しいただきました。
保護者間でも、それぞれ娘の様子を報告しながらコミュニケーションを図り、又来年も是非お会いしましょう!とお別れしました。

(鹿児島県支部長 相良 佳子)

この記事に関連する情報

後援会

HEADLINE NAVI

記事アーカイブ

東女体大ヘッドライン HEADLINE NAVI

CLOSE
CLOSE