東女体大ヘッドライン 教職員と学生による学園情報ブログ!

ソフトテニス部 「第39回全日本大学ソフトテニス王座決定戦」の結果報告

記事公開日:2019.07.11

6月8、9日に、北海道立総合体育センター「北海きたえーる」で「第39回全日本大学王座決定戦」が行われました!各9ブロックを勝ち抜いた優勝校、大韓民国大学リーグ優勝校、中華台北大学リーグ優勝校、前年度優勝地区から1大学の12大学で王座を争いました。
東女体からは、島津佳那(大2)・林田リコ(大2)・古屋沙也加(大2)・小林愛美(大1)・吉田澪奈(大1)の5名が出場しました!

1日目に予選リーグ、2日目にトーナメントが行われました。決勝戦は、日本体育大学。最初に対戦した小林、吉田ペアは相手にリードされて粘りを見せて追いつきましたが、ファイナルゲームで惜しくも敗れました。2番目に出た林田(シングルス)は相手のコースの際どいところに配球し、ストレートで勝ちました。1勝1敗で向かえた3番目の古屋、島津ペアは残念ながら相手のペアに終始リードを許し敗れました。
結果は準優勝でした!

古屋は、「初めて団体戦フル出場。公式戦での初めて雁行陣の隊形として出場しました。初めてのことばかりで緊張しましたが、チームメイトがたくさん声をかけてくれたおかげで緊張し過ぎることなく、程よい緊張感の中で戦えました。しかし、決勝戦ではあっさり負けてしまったので、どんな隊形でも戦える力をインカレまでにつけたい」と語っていました!

【武田先生のコーチング】

【公式戦でのこのペアリングは初めてです!古屋・島津ペア】

【メンバーと大会運営を支えてくれた荻野とハイ、チーズ☆彡】

ソフトテニス
ソフトテニス

全員がインカレ出場を目標にし、優勝を目指して練習に励んでいます。

ソフトテニス部 広報担当

HEADLINE NAVI

CLUB CATEGORY

クラブ一覧

記事アーカイブ

東女体大ヘッドライン HEADLINE NAVI

CLOSE
CLOSE