東女体大ヘッドライン 教職員と学生による学園情報ブログ!

【東京2020オリンピック競技大会】本学の教員に特別インタビューNo.3

記事公開日:2021.08.18

東京2020オリンピック・パラリンピックの選手村で医師として勤務される本学の塚原教授にお話しを伺いました。

選手村での仕事内容を教えてください。

オリンピック・パラリンピックが開催されている間、晴海にある選手村の整形外科部門で勤務します。世界各国から参加している選手の診療やリハビリなどを行います。

医師として勤務する際に注意していることは何ですか?

様々な国の選手が色々な言語で会話をしているため、診療の際にコミュニケーションエラーがおきないよう注意しています。また、試合前には何をすれば選手がベストの状態で試合に臨めるか、試合後であれば今後どのようなケアが必要であるか、丁寧に説明するように心がけております。

東京2020オリンピック・パラリンピックの思いをお聞かせください。

アスリートが全力で競技することができ、大会全体が無事に終わることを祈ってます。

HEADLINE NAVI

記事アーカイブ

東女体大ヘッドライン HEADLINE NAVI

CLOSE
CLOSE