東女体大ヘッドライン 教職員と学生による学園情報ブログ!

【後援会】宮城県支部保護者懇談会報告

記事公開日:2021.08.30

 本学園には、在学生の全保護者によって組織され、大学と一体になって学園の発展と学生の修学支援をすることを目的とした後援会があります。
 後援会は、大学と保護者が共に学生の育ちを支援するための「情報交換の場」を設け、都道府県単位で設置している支部ごとに、毎年1回保護者懇談会を開催しています。大学から教授が出向き、大学の近況報告や学生の修学状況・日常生活・就職相談など大学と保護者のコミュニケーションを図っています。
 8月に開催しました保護者懇談会のご報告をさせていただきます。

宮城県支部保護者懇談会報告

実施日: 令和3年8月1日
会 場: ドミー

 昨年同様、感染予防対策を取りながら東女体大卒業生保護者の店を貸切りにして、保護者懇談会を開催いたしました。柳田憲一教授からはコロナ禍における大学の対応やオンライン授業のこと、オリンピック・パラリンピックに多くの学生がボランティアで参加しているなど、大学の〈生〉の話題を聞くことが出来て嬉しく思いました。また、藤栄会支部長からは宮城県の教員採用についての具体的なお話もあり、大変参考になりました。親同士では娘たちの部活動のことや健康のことなど情報交換の時間も取れましたのであっという間にお開きの時間となりました。

 コロナ禍の中、学生たちの公式試合が開始されましたが無観客のために応援にも行けない状態が続いています。娘たちは充実した大学生活を過ごしているようですが学生寮を出てからの一人暮らしなど、地方の親としては心配ばかりしていました。私は大学生の親として国立、私大と3校にお世話になりましたが、地元で毎年教授と面談できる大学は他にはありません。後援会支部会はとても貴重な伝統とあらためて感じました。これからも盛会でありますようにお祈り申し上げます。

(宮城県支部長  佐藤 則子)

この記事に関連する情報

後援会

HEADLINE NAVI

記事アーカイブ

東女体大ヘッドライン HEADLINE NAVI

CLOSE
CLOSE