東女体大ヘッドライン 教職員と学生による学園情報ブログ!

オペレッタをふりかえって -Bクラス代表学生のメッセージ(H25オペレッタ特集4)

記事公開日:2014.04.03

オペレッタでは、上演に至るまでに様々なストーリーが生まれていきます。
学生や教員のメッセージから、みなさまにオペレッタの魅力をお伝えしたいと思います。
今回は、Bクラス代表学生外山さん・高野さんのメッセージを紹介します。

――― オペレッタをふりかえって思うことは?

一段とクラスの仲間同士会話するようになり、より仲が深まったことです。ぶつかり合い、意見も言えるようになりました。1人1人成長できたと思います。

――― 1年間で最も大変だったことは?

放課後、この人数で練習することや、全員がまとまるということは簡単なものではありませんでした。考え方は人それぞれ同じではないので、とっても大変だったと思います!

――― クラスの仲間に伝えたいことは?

みんなで協力することは簡単なことじゃなかったけど、1人1人が協力しようという気持ちを持ってくれたからこそ、みんなで最後までできたし、このクラスだからこそ頑張ってこれた!本当に楽しかった。Bクラ最高!

――― 担当の先生に伝えたいことは?

まず、私たちの集大成であるオペレッタを最後まで見てくれてありがとうございました。最初はリーダーを指名され2人とも自信がなく始めたオペレッタでした。先生やみんなの言葉が辛くのしかかり、泣いていた日々もありました。逆に励まされた日もありました。色々なことがありましたが、私も、みんなも満足行くような作品になったと思います。ありがとうございました。

――― 後輩へ伝えたいことは?

最初はオペレッタって甘く見てる人もいるかもしれないけど、なかなか大変です(笑)。なかなか理解し難かったり、バイトの時間や自分の時間がなくなったり…特にリーダーは先生と友達との板挟みでしんどいと思います。それでも、最後はきっと良いものになるはず!!!!!
大変だけど、本番の40分。本当一瞬だけど、そのためにがんばって(^^)
絶対自分の糧になるはずだから!!

この記事に関連する情報

代表学生の皆さん。本当にお疲れ様でした。
この経験は必ず生きてくるはずです。次のステージでの活躍を期待しています。

HP作成部会

HEADLINE NAVI

記事アーカイブ

東女体大ヘッドライン HEADLINE NAVI

CLOSE
CLOSE