東女体大ヘッドライン 教職員と学生による学園情報ブログ!

第93回関東学生陸上競技対校選手権大会

記事公開日:2014.06.02

平成26年5月17.18日 熊谷スポーツ文化公園
平成26年5月24.25日 日産スタジアム

2週間に渡り4日間の関東I.Cが開催されました。開会式の旗手を務めたのは主務の芹澤祐実(大4)です。
10000競歩 8位
4年目の関東I.Cで入賞できて嬉しく思います。今回の課題を練習で改善し、次に向けて頑張ります。

4×100MR 6位
1走:高杉雅 (大2) 
この順位に満足せず頑張ります。
2走:福嶋美緒(大1) 
課題の残るレースとなりました。
3走:杉山玲菜(大1) 
東女体大の応援が心強かったです。
4走:田島沙耶(大1) 
とても良い経験ができました。

磯部恵美利(大4) 円盤投 2位
応援ありがとうございました。
目標の「ベスト記録で表彰台に乗ること」が達成できて嬉しい。しかし満足する投げが出来ず悔しい気持ちです。日本選手権・個人選手権・日本I.Cと続きます。鍛え直して頑張ります。

二方恵里奈(大2) やり投 6位
2回目の関東I.Cで6位入賞。嬉しいです。次の個人選手権では入賞はもちろん記録も狙います。応援してくださった方々、ありがとうございました。

鳥越美穂(大4) ハンマー投 5位
多くの方々の応援のお陰で結果を出すことができました。自己ベストですが満足していません。これからも頑張ります。ありがとうございました。

斎藤早希(大2) 砲丸投 2位
2回目の関東I.C、自己新記録で2位に入賞でき嬉しく思います。指導していただいた先生、一緒に練習してきた先輩後輩、そして多くの方々の応援のお陰です。ありがとうございました。

成毛真理(大4) 砲丸投 6位
円盤投げで結果を残せなかった悔しさを砲丸投げにぶつけることができました。良かった反面、ベスト記録は出せたものの悔しさが残る試合になりました。次に向けて頑張ります。応援ありがとうございました。

福嶋美緒(大1) 200M 8位
入賞することができとても良い経験となりました。課題が多く残りました。これから修正します。決勝を走り、力不足を実感しました。

上谷茉綾(大3) 七種競技 5位
関東I.Cは「入賞」を目標に挑みました。達成はできて嬉しく思うと同時に課題が見つかりました。私を支え応援していただいた全ての方々へ感謝いたします。さらに上を目指します。

応援!!!
選手一人ひとりがベストパフォーマンスができるように部員全員が一丸となり全力で応援しました。

主将 成毛真理(大4)
全ブロックで得点ができました。みんなで心を一つにし戦い抜くことができました。ここからまた一歩一歩、次の目標に向けて頑張ります。4日間応援いただきありがとうございました。

この記事に関連する情報

陸上競技
陸上競技

競技を通じて社会に貢献できる人間に成長するため、日々切磋琢磨しています。

陸上競技部広報担当

HEADLINE NAVI

CLUB CATEGORY

クラブ一覧

記事アーカイブ

東女体大ヘッドライン HEADLINE NAVI

CLOSE
CLOSE