女子体育研究所

研究の助成

1) 個人研究
本学教員が個人で行う研究に対する助成。研究期間は、単年度または複数年度(2年間)。研究費は上限25万円/年。

2) 共同研究
本学教員が共同で行う研究に対する助成。研究期間は、単年度または複数年度(2年間)。研究費は上限50万円/年。

3) 学会・研究会・研修会等の後援・助成
学内で開催される学会・研究会・研修会等について、学内教職員等が自由に参加できることを条件に、後援・助成。助成金には、文部科学省科学研究費補助金の間接経費が当てられます。

研究フォーラムの開催

学内教員の研究成果について、毎年1月下旬に「研究フォーラム」として公表の場を設けています。研究助成制度の内、「共同研究」に採択された内容については、発表が義務化されています。また、「個人研究」や文部科学省科学研究費補助金を得ての研究などについても、発表することができます。学内教員のみならず、誰でも自由に聴くことができ、例年大学3年生が次年度の卒業研究に向けて、研究の進め方や発表の方法を学ぶために参加しています。

紀要の発行

女子体育研究所に紀要編集部会が設けられ、毎年度1回紀要を刊行しています。なお、紀要(第52号~55号)は電子化され、東京女子体育大学・東京女子体育短期大学学術機関リポジトリで検索できます。
なお、第1号から第51号については順次学術機関リポジトリにアップする予定です。

東京女子体育大学が発行した研究紀要の著者及び著作権継承者の方へ
(紀要の電子的公開に関するお願い)

東京女子体育大学は、本学の教職員・学生により作成された学術研究成果を保存し、学内外に発信・提供する「東京女子体育大学・東京女子体育短期大学 学術機関リポジトリ」(https://twcpe.repo.nii.ac.jp/)を構築しております。 このたび、本学が発行した研究紀要について、創刊号まで遡って学術機関リポジトリに登録し、電子的に保存・公開することを計画しております。

つきましては、各論文の著者及び著作継承者の皆さまには、東京女子体育大学が行う次の2点についてご了承いただきますようお願い申し上げます。

  • 本学が発行した研究紀要(全号)を電子化すること。(複製権:著作権法第21条)
  • 電子化した研究紀要を「東京女子体育大学・東京女子体育短期大学 学術機関リポジトリ」を通じてインターネット上で公開すること。(公衆送信権:著作権法第23条)

上記2点について、ご了承いただけなかった方の論文は電子的公開の対象とはいたしませんので、2020年(令和2年)9月30日までに、下記連絡先までご連絡をお願いします。
期日までにご連絡のない場合は、電子的公開をご了承いただいたものとして作業を進めさせていただきますが、期日後であってもお申し出をいただければ、当該論文の電子的公開を中止いたします。
対象となる研究紀要は過去のものも多く、全ての方へ個別にご連絡を差し上げることが難しいことから、このような方法により皆さまへお願いをさせていただくことをご了解ください。ご理解のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

なお、この告知は電子的公開に関する許諾をお願いするものであって、著作権の譲渡をお願いするものではないことを申し添えます。

連絡先:
〒186-8668 東京都国立市富士見台4-30-1
東京女子体育大学 女子体育研究所
TEL:042-572-4131
メール:joken@twcpe.ac.jp

女子体育研究所所報の発行

学内での研究報告をとりまとめ、また、研究所の活動報告を行うため、女子体育研究所所報を発行しています。研究助成制度の内、「共同研究」に採択された内容については、公表が義務化されています。
なお、女子体育研究所所報は電子化され、下記よりご覧いただけます。

第1号~10号
女子体育研究所所報ダウンロード

第11号以降
東京女子体育大学・東京女子体育短期大学学術機関リポジトリ

体力テストの実施

毎年4月下旬に学校行事として「体力テスト」を実施しています。大学・短期大学の1・2年生がテストを受ける側(被検者)、大学3・4年生がテストを実施する側(検者)として、また、企画・運営は大学3・4年生の代表である20余名の「体力テスト実行委員」によって行われています。基礎データと総合評価は、文部科学省発表によるものと、本学での約半世紀に渡るデータの蓄積によるものです。