今後の授業再開に向けて - 第二報 -

2020/05/21

在学生及び保護者の皆様へ

                     「今後の授業再開に向けて - 第二報 -」

 全国に発出されていました緊急事態宣言は、5月31日まで延長されました。すでにホームページで「5月13日の通常授業再開の延長について - 第一報 -(5月1日付け)」で、本学の通常授業再開は6月以降とご案内したところです。現在新型コロナウイルス感染は収束の兆しを見せ始め、公立小中学校などでは衛生管理を徹底したうえ、三密を回避し通常授業再開に向けて分散登校等が始まりました。
 本学の所在地である文教地区・国立市は、東京都区内と比べ「緑豊かな都会の田舎暮らし」のような環境ですが、隣の立川市にはあらゆるシーンに対応できるショッピングスポットが揃っています。そのように恵まれた環境下で、4月末まで合計で感染者が6名確認されましたが、その後国立市では感染者はゼロです。
 このような状況を鑑み、緊急事態宣言等が解除された場合は、本学では大学構内で6月3日から遠隔授業の補習から開始いたします(ユニバーサルパスポートの掲示を参照)。また、この補習期間中も遠隔授業は継続しております。遠隔授業の出欠席は単位取得の可否に関わってきますのでご注意ください。さらに、保護者の皆様には、遠隔授業等の準備にかかる経費が嵩むことを鑑みて、修学支援金を給付いたします。
 補習期間は2週間程度を予定しており、その後、通常授業再開を考えておりますが、具体的な期日については、さらに検討を重ねホームページでお知らせいたします。
 特に公共交通機関を利用する学生等、通学の安全面に不安のある学生は慎重に対応してください。また、実技課題等の習得に不安のある学生につきましては「実技授業等相談窓口」を開設いたしましたので、実技課題等について担当教員から直接指示を受けてください。


近隣住民の皆様へ

 本学では、新型コロナウイルス感染拡大により、直ちに遠隔授業へと切り替え通常の学事歴で教育を展開してきました。しかし体育大学という特性から、遠隔授業のみで対応できない科目も多くあります。通常授業再開はまだ難しい状況ですが、希望者を対象に今までの遠隔授業の一部補習を開始する予定でおります。
 補習を開始するに当たり、新型コロナウイルス感染を徹底的に防止するため「三つの密(密閉・密集・密接)」を避ける対策を講じて参りますので、どうぞご理解ください。


 今回発信した情報については、以下の「第二報 関連サイト」でご確認ください。

 緊急事態宣言によって各自外出を自粛し、他人との接触を避け、三密を回避したことで、収束の兆しが見えてきました。今しばらく通常の日常に戻ることを願って、慎重な行動をお願いいたします。
                                                     学長 金子一秀

ニュースの一覧に戻る