令和3年度の授業展開等について

2021/03/08

在学生、保護者の皆様へ

                      -令和3年度の授業展開等について-

 政府による新型コロナウイルス感染症対策に係る緊急事態宣言は、第三波の到来により、当初の予定から1ヶ月間延長されました。しかし未だ解除の見通しが立たず、再度延長することになりました。このような中でも新学期が始まるわけですが、ご心配されている保護者、学生及び関係者の皆様に、令和3年度の本学の授業展開等についてお知らせいたします。
 本学では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、昨年度は入学式を中止としましたが、授業につきましては、直ちに遠隔授業に切り替え、通常の学事暦を変更することなく教育を展開してきました。さらに体育大学における専門実技や実習は、遠隔授業では対応できないため、感染防止対策を十分に施しつつ、昨年5月から大学構内において面接授業・実技を開始しました。これは、本学のような小規模大学ならではの教職員の機動力の高さと、伝統を重んじる学風の成果と考えています。
 今年度の新入生は、1ヶ月ほど遅れてキャンパス生活が始まりましたが、三密対策等によりオリエンテーションの時間が十分に確保できなかったこと等から、多くの戸惑いを生じさせてしまい、結果としてご迷惑をおかけしてしまったこととなり反省をしております。新型コロナウイルス感染症の猛威は、本学の一部学生にも及びましたが、幸いにも軽症で済んでおり、保健所の適切な指導の下、現在までクラスターの発生も起きておりません。 今年度はこのような1年でありましたが、本年3月には、規模を縮小しながらも、本学構内にて卒業式を挙行いたします。また4月には、同様に規模を縮小して入学式を挙行いたします。
 新年度の授業につきましては、遠隔授業と併用しながらも、通常の学事暦で開始し、新型コロナウイルス感染症の感染状況を注視しながら、通常の面接授業に戻していく予定です。また、在学生に向けましては、大学・短期大学の情報をユニバーサルパスポートにて発信しますので、随時確認をしてください。
 東京オリンピック・パラリンピックの開催が予定される中、東京の地にある本学では、教育の充実とさらなる質の向上のために、できる限り通常の形での教育展開を目指しながら、今後も新型コロナウイルス感染症の予防に精力的に取り組んで参ります。在学生、保護者の皆様には、このような本学の対応をご理解のうえ、ご協力くださいますようよろしくお願いいたします。

学 長 金子 一秀
ニュースの一覧に戻る