森田名誉教授が瑞宝小綬章を受章されました

2021/04/30

 本学名誉教授であります森田昭子先生が、令和3年春の叙勲において「瑞宝小綬章」を受章されました。
 瑞宝章は、公務等に長年にわたり従事し、功績を挙げた方に対して日本国政府から授与される勲章で、教育研究功労者として評価され、このたびの受章となりました。
 森田先生は昭和40年度から平成22年度にかけて46年間に亘り、東京女子体育大学・東京女子体育短期大学の教育職員として勤務され、平成13年4月に女子体育研究所長、平成15年4月に地域交流推進室長(現在:地域交流センター所長)に就任し、体力測定の運営や公開講座の発展に全力を注がれました。
 また、バレーボール競技の経験と研究成果を活かし、バレーボール実技及びトレーニング論等の教育にご尽力され、バレーボール部ではバレーボール部長として、バレーボール学会を発足する発起人の一人として、競技力向上、普及、発展に貢献されました。

事務局総務課
ニュースの一覧に戻る