東京女子体育大学・東京女子体育短期大学

資料請求

学部・学科

東京女子体育大学・東京女子体育短期大学では、スポーツを「する」「みる」「ささえる」という視点から、「国民が生涯にわたり心身ともに健康で文化的な生活」を送るために、体育・スポーツが持つ様々な力を世の中に発信し、社会に貢献できる人材を育成していきます。現在では、大学では1学科4コース、短期大学では1学科2コースを設置しています。

※短期大学保健体育学科は令和6(2024)年度以降の学生募集を停止いたしました。

大学
体育学部 体育学科

体育・スポーツに関する知識と技術を身に付け、
さまざまな現場で社会に活力を与える
スペシャリストとして活躍できます。

授業は、英語や音楽・美術といった豊かな人間性を育む教養科目と、座学と実技からスポーツの専門的な知識や運動スキルを習得する専門科目、そしてあらゆる年代の人に向けて正しく指導できる力を培う教職に関する科目の3分野の学びから成り立ちます。

Course

01

教職体育学専攻コース

学校教育におけるさまざまな問題をとらえ、対処する能力を育成。

02

スポーツ健康学専攻コース

運動・スポーツと体力や健康との関わり方について科学的理解を深める。

03

コーチング学専攻コース

徹底したマンツーマン指導で専門競技力•専門指導力を向上。

04

スポーツマネジメント学専攻コース

体育・スポーツを理解し、幅広いマネジメント能力を育成。

短期大学
こどもスポーツ教育
学科

(旧:児童教育学科)

豊かな感性と現場での確かな実践力を養い、
乳幼児や児童の教育を支え、
育て上げる人材として活躍できます。

コース制を導入して希望の進路に合わせた指導を行っています。教養科目によって豊かな教養の基盤を養い、教科・教職・保育に関する科目から、子どもたちの感性を豊かに育てるための確かな実践力を培います。

Course

01

幼保コース

実践を重ね、保育者・教育者どちらの道にも進むことができる力を培う。

02

幼小コース

幼児教育・児童教育を縦断的に学び、各年代に必要な教育の知識を養う。

短期大学 保健体育学科

※本学科は、令和6(2024)年度以降の学生募集を停止いたしました。

保健体育学科について

PAGE TOP