アセスメント・ポリシー

東京女子体育大学、東京女子体育短期大学では「卒業認定・学位授与の方針」(ディプロマ・ポリシー)、「教育課程編成・実施の方針」(カリキュラム・ポリシー)、「入学者受け入れの方針」(アドミッション・ポリシー)に基づき「学習成果を評価するための評価方針」を策定しています。この方針に沿って、機関(大学・短期大学全体)、教育課程(学科)、授業科目の3段階のレベルで学習成果と教育効果に関する測定・評価を以下のとおり行います。

学習成果を評価するための評価方針

東京女子体育大学・東京女子体育短期大学では、学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)、教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)、入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)に基づき、学習成果を評価する方法として、身につけるべき能力の修得状況を機関レベル※、教育課程レベル(学科レベル)、授業科目レベルの3段階で評価する基準を定めています。

1.学習成果の評価基準

本学における学習成果は、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に基づき、求める各能力の修得状況について、達成すべき資質・能力を以下の観点から評価します。なお、具体的な評価要件は下記に示すとおりです。

  • 人間形成・知識・技能・理解力・指導力
  • 実践的に必要な思考力・判断力・表現力
  • 社会との関わり・関心・意欲

2.学習成果の評価方法

  • 機関レベル※
    学生の就職率、卒業年次に実施する学習成果測定アンケート(卒業時アンケート)、就職先インタビュー、卒業生調査等によって、達成すべき資質・能力の修得状況を評価します。
  • 教育課程レベル(学科レベル)
    卒業・進級要件の達成状況(単位修得状況・GPA)、学部・学科の所定の教育課程における資格・免許の取得状況、学習成果測定アンケート等によって、達成すべき資質・能力の修得状況を評価します。
  • 授業科目レベル
    シラバスで提示された成績評価基準等に基づいて、達成すべき資質・能力の修得状況を評価します。

※機関レベルには、大学及び短期大学が含まれる

学習成果の測定・評価指標

◆東京女子体育大学の学習成果の測定・評価指標

  入学前・入学時 在学中 卒業時・卒業後
機関レベル
(大学全体レベル)
・各種入学試験 ・退学者数
・休学者数
・学生調査アンケート
・学位授与数(卒業者数)
・就職率、進学率
・免許・資格取得数(状況)
・学習成果測定アンケート
(卒業時アンケート)
・卒業生調査
・就職先インタビュー
教育課程レベル
(学科レベル)
・スターターズブック
・入学者アンケート
・成績評価(単位修得状況)
・GPA
・学習成果測定アンケート
・日本語基礎力テスト
・卒業研究
授業科目レベル   ・定期試験・レポート
・成績分布状況
・授業評価アンケート
 

◆東京女子体育短期大学の学習成果の測定・評価指標

  入学前・入学時 在学中 卒業時・卒業後
機関レベル
(短大全体レベル)
・各種入学試験 ・退学者数
・休学者数
・学生調査アンケート
・学位授与数(卒業者数)
・就職率、進学率
・免許・資格取得数(状況)
・学習成果測定アンケート
(卒業時アンケート)
・卒業生調査
・就職先インタビュー
教育課程レベル
(学科レベル)
・スターターズブック
・入学者アンケート
・成績評価(単位修得状況)
・GPA
・学習成果測定アンケート
・日本語基礎力テスト
・体力テスト
 
授業科目レベル   ・定期試験・レポート
・成績分布状況
・授業評価アンケート
 

本学園のアセスメントマップ

◆東京女子体育大学アセスメントマップ

◆東京女子体育短期大学アセスメントマップ