大学 体育学部体育学科

体育・スポーツを基盤にし、社会に活力を与えるスペシャリストが、さまざまな世界へ羽ばたいています。

特色

体育大学ならではの充実した体育施設

全天候型の陸上競技場や球技・器械運動・新体操・ダンス・武道専用の体育館を完備し、まさに体育大学ならではの環境です。その他にも、最新の測定評価装置などを使って科学の面からもスポーツを分析し、学習活動に取り組みます。

ほとんどの学生が教員免許状を取得

中学校や高等学校の保健体育の教員を目指す人が多いのが特徴で、体育学部 の約8割の学生が教員免許状を取得します。

学びのポイント

各分野の専門家によるハイレベルな授業

実技も講義も、教授陣はベテランの指導者や各分野のスペシャリストが勢揃い。また、日本代表選手として活躍する学生も多く在籍しているので、クラスメイトとして一緒に学ぶことになります。苦手な種目の実技ではお互いに教え合うなど、よい刺激になるはずです。

専門性に磨きをかける3つのコース制

3年次から3つの運動専攻コースに分かれて学習します。1・2年次の学びを基にコースを選択するので、自分に合った専門分野が学べます。

4年間の学びの特色

1・2年次
体育の理論と実技を学ぶ

[基礎科目]

藤村トヨの教育/国語基礎講座/キャリアデザイン

[基礎理論]

スポーツ原理/スポーツ心理学Ⅰ/生理学/スポーツ栄養学Ⅰ/スポーツ史

[基礎実技※]

体つくり運動Ⅰab/器械運動Ⅰab/陸上競技Ⅰab/ダンスⅠab/水泳Ⅰab/球技(バレーボール)/
球技(バスケットボール)/武道(柔道)/武道(剣道)/新体操Ⅰ/新体操Ⅱ ほか

※基礎実技の内、1・2 年次の必修科目

少人数グループ担任制

大学の1年、2年次には少人数のグループ担任制度を設けています。学生生活におけるさまざまな相談にきめ細かく対応するために、少人数グループ担任制があります。

3年次
3つの専攻コースで専門性アップ

3年次から3つの運動専攻コースに分かれて学習します。いずれの運動専攻コースに所属しても、中学校・高等学校教諭一種免許状(保健体育)が取得できるカリキュラム編成となっています。
なお、各運動専攻コースの必修科目においては、特徴ある「こども運動教育」の専門知識を習得します。

・コーチング学専攻コース

専門競技力と専門指導力の向上を目指して学習します。個人の能力に合わせたマンツーマンの指導を 基本として、最高の技能を引き出すための指導法について学び、自らも最高の技能の獲得に向かう努 力をしながら、高度な専門技術を教えることのできる実践的指導力を身につけます。

必修科目

運動技術論/スポーツ戦術論/運動観察論

目指す体育教師像

「専門技能に優れ、専門的な運動の指導ができる体育教師」

・体育学専攻コース

1・2年次に習得した専門技能や知識を、教えるための技能や指導に生きる知識へと発展させます。教育としての体育・スポーツの意味を深く理解し、学校体育をはじめとして、子どもから高齢者まであらゆる世代の運動指導にも幅広く対応できる実践的指導力を身につけます。

必修科目

身体学/体育科教育学/スポーツ社会学

目指す体育教師像

「体育による教育の意義をとらえ、人格を陶冶できる体育教師」

さらに「こども運動教育」を深く学びたい場合、科目等履修制度を利用して幼稚園教諭二種免許状、小学校教諭二種免許状の取得を目指します。

・スポーツ健康学専攻コース

健康づくりに関する知識や効果的な運動を個人に処方できる能力の向上を目指して学習します。運動 やスポーツと、体力や健康との関わりについて科学的に理解を深め、運動処方やリハビリテーション など、一人ひとりのニーズに対応できる実践的指導力を身につけます。

必修科目

運動処方論/医学概論/アダプテッドスポーツ論

目指す体育教師像

「生徒の安全や健康についての専門知識に長けた体育教師」

さらに「こども運動教育」を深く学びたい場合、科目等履修制度を利用して幼稚園教諭二種免許状、小学校教諭二種免許状の取得を目指します。

Point! 科目等履修制度とは?

大学2学年以上を修了した学生でかつ授業の妨げにならない範囲であれば、併設短期大学の 授業科目を履修することができます(履修条件あり)。

4年次
研究、実習を通してより専門的な学習へ発展

教育実習/卒業研究
就職活動
  • 中学校・高等学校教育実習 実習
  • 社会体育健康産業等施設実習 実習

学びの最終段階として、教育実習や卒業研究 教育実習(免許取得希望者のみ)では教師となり、大学で培った力を試します。また、4年間の学びの集大成として、卒業研究をまとめます。

体育大学ならではの充実した体育施設

専門競技力と専門指導力の向上を目指して学習します。個人の能力に合わせたマンツーマンの指導を 基本として、最高の技能を引き出すための指導法について学び、自らも最高の技能の獲得に向かう努 力をしながら、高度な専門技術を教えることのできる実践的指導力を身につけます。

主な体育施設

全天候型の陸上競技場や武道場、球技、器械運動、新体操、ダンスの専門体育館ほか。

どんな道へ進むのか

保健体育の教員を目指し、スポーツクラブなどでも活躍

中学校や高等学校の保健体育の教員を目指す人が多く、体育学部の約8割の学生が教員免許状を取得します。正しい知識と優れた技能を持つ指導者が求められ、スポーツクラブや体育施設などでも活躍しています。社会福祉施設へ就職する学生も増え、体育大生らしい粘り強い人間力が好評です。

一般企業も注目し、就職する学生が増加

近年、一般企業による体育大生の評価が高まっています。仲間とコミュニケーションをとりながら目標に向かって協力し、努力するということを「体を通して学んできた」人材が企業では高く評価されています。本学園卒業生においても企業からの人物評価は高く、学校やスポーツ施設への就職だけでなく、4割近くの学生が一般企業へ就職し活躍しています。

一般企業に必要な情報処理の授業の他に資格取得講座やインターンシップ実習など行われているので、入学してから将来を幅広く考えることができます。